ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福島第一原発から20kmの川内村 命を繋ぐ村の象徴・イワナ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 福島第一原発から西に20kmの福島県双葉郡川内村。今では避難指示も全域で解除されたが、村に帰ってくる人は少ないのが現状だ。

 そんな川内村の観光名所のひとつとして長年親しまれてきたのが、「いわなの郷」だ。釣り堀に放流されている岩魚を釣って、その場で焼いて食べることができる。

 岩魚は澄んだ冷たい水でしか生息することができない。その点、川内村を流れる千翁川(せんのうがわ)の清流は岩魚に最も適しているのだという。

 渡邊秀朗さん(65才)は、1994年の施設オープンから、10万匹の岩魚の養殖をひとりで行ってきた。毎年3月頃、養殖の岩魚が孵化し、養殖池に移す作業を行う時期となる。

「あの日もそろそろ池に移さなくてはと思っていた時期でした。でも、激しい揺れで、とにかく避難するように言われ、すぐに戻るつもりでいたのに…」

 後ろ髪を引かれる思いで川内村を後にし、千葉県の友人宅へ身を寄せた渡邊さん。戻って来れたのは1か月後のことだった。

「孵化した岩魚を養殖池に移しましたが、生き残ったのは3割だけでした。20年以上続けてきた岩魚の養殖をここでやめたら、川内の観光がなくなってしまう。村をなくすわけにはいかないと思いました」(渡邊さん)

 どんなことをしても、岩魚さえいれば復活できると、避難先から通い続け、ついに2013年6月に再オープンに漕ぎつけた。

「オープンまでの1年間は、エサを人工のものと自然のものに分けて放射線量を測定するなど、試行錯誤の繰り返しでした。食べることも、売ることもできない岩魚を育てることは、本当につらかったですね」

 今月、孵化した岩魚の親は、震災の時に生き延びた岩魚たちだという。

「岩魚が命を繋いで、その岩魚が人と人を繋ぐ。そして喜んでくれるお客さんがいれば、それ以上うれしいことはありません」

 渡邊さんは、孵化したばかりの小さな岩魚を見つめながら、そう語った。

※女性セブン2015年3月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マグロ完全養殖に成功の近畿大 事業が軌道に乗るまでの労苦
新婚の内村航平 母親は「結婚は早すぎる!」と猛反対した
川内原発 国内最大級原子炉建設計画あったが着工時期は未定

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP