ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】グローバル化したからこそ「個人」が問われるが……

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『インターネットが普及したら、 ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』小林弘人、柳瀬博一著/晶文社/1500円+税

【評者】香山リカ(精神科医)

 ウェブのマイメディア化。ノン・パッケージになってリキッド化するコンテンツ。カギはキュレーションメディア攻略……。カタカナ用語の洪水にアレルギー反応を起こすなかれ。語っているふたりはほぼ50歳、雑誌や本の出版にも携わってきた人たちだ。彼らの話すことが私にわからないはずはない、そう信じて親切な脚注を頼りに読み進めると、おぼろげながら「ネット時代のビジネスモデル」が見えてくる。そんな本だ。

 そもそもこのタイトルはどういう意味だ、と思う人のために本文から引用しよう。

「インターネットやデバイスの普及で世界中がつながった。グローバリゼーションが進展し、バーチャルな世界での情報のやりとりが活発化した。そうしたら、むしろ、ものすごく属人的で徹底的にリアルな『村』や『部族』のようなコミュニケーションの世界が待ちかまえていた。」

 つまり、誰もが濃密な情報の受け手にして送り手になれるこの時代、今までのように大企業やマスコミによる「みなさーん」というざっくりした呼びかけは誰にも届かなくなり、広告からもの作りまでがお互いの顔の見える「やりとり」になった、ということだ。「開発者とユーザーが意見交換しながら一緒に麦わら帽子を作り上げた」など本書にはその例がいくつも紹介されている。

 すべてが消費者とのやりとりで作られるわけでない。大切になるのは、クリエイターの「属人的な妄想力」。大企業も「顔の見えない組織」ではダメで、従業員全員が「現場を持って属人的に仕事をする」という体制が必要、「『原始人』の蛮行に賭けられない組織に、明日はない」とふたりの話はとどまるところを知らない。

 そうか、世の中がグローバル化したからこそ、これからはビジネスやメディアの世界でも個人が問われる、というわけか。「昨日までのやり方が全部通用しなくなる」という本書の主張にワクワクできるか、それともウンザリか。私は、正直言って後者寄り。ああ、定年がそう遠くなくてよかったな。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
森達也氏が実例を紹介しメディアをうまく使う方法を考えた本
中国で大人気の重量挙げ八木かなえ 韓国メディア報道が発端
中国政府が『周刊POST』を危険メディア認定 TVでも報じる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP