ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子記事にハイライトを付けてTwitterで簡単シェアできるアプリ「OneShot」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンなどのモバイル端末で記事や本を読むという人は多いだろう。読んでいて、感動したり衝撃を受けたりすると、すぐさま誰かと共有したくなるもの。

そんなときに使えそうなのが、このほど登場したiOSアプリ「OneShot」。読んでいる記事のスクリーンショットを撮って、強調したい箇所にハイライトをつけ、ボタン一つでTwitterに投稿できるというものだ。

・好きな色で目立たせよう

使うには、まず端末で開いている読み物のスクリーンショットを撮る。それからOneShotを立ち上げ、カメラロールの中から使いたい写真を選ぶ。

すると写真が表示された画面に「Crop」「Highlight」「Background」のボタンが現れる。Cropで必要な箇所を切り取り、Highlightで目立たせたい部分と、色を選んでハイライトをつけられる。Background では記事の背景色を選べるようになっている。

・記事URLのコピーも

そしてTwitterにログインしておけば、コメント入力後にタップするだけでハイライトをつけた記事を投稿できるという仕組みだ。また、記事のURLもコピーできるので、参照として添付すると興味を持つフォロワーに丁寧だろう。

驚くほど素早く記事をツイートできるこのアプリ、ダウンロードは無料なのでTwitterユーザーはチェックしてみてはいかが。

OneShot

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP