体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最新SIMフリー端末 まとめ

最新SIMフリー端末 まとめ春にかけて、国内向けのSIMフリー端末が各社から登場してきました。ハイスペックからローエンドまで、様々な機種がありますが、今回はお財布に合わせて価格帯別に比較したいと思います。
 なお、一部例外もありますが、本記事では2014年12月~2015年03月で発売された端末を中心に紹介しております。

●2万円台

最新SIMフリー端末 まとめ

・Ascend G620S
こちらは、Huaweiが新たに発売したローエンドモデルのスマートフォンです。コスパを重視し、前機種のAscend G6 よりスペックアップを果たしたのにも関わらず価格も前機種に比べて安く抑えてあります。これは嬉しいポイント!また、この価格帯のSIMフリースマホでは珍しいLTE対応モデルであるというのも、オススメしたい特徴の1つです。前モデルと比較して、対応するLTEバンドも増えたので定評のある「使いやすさ」に磨きをかけました。

最新SIMフリー端末 まとめ

・Covia Fleaz F4
Coviaの格安スマートフォン。旧機種であるFleaPhone CP-F03aのOSバージョンアップを行ったマイナーチェンジモデル。LTEに対応しておらず、スペック面では見劣りするかもしれません。しかし、メーカーサポートに定評があり、また、デュアルSIMであるため、頻繁に海外旅行へ行く人からの支持が高い1台。この価格帯のSIMフリー全般に言えることですが値頃感の価格と、シンプルな操作が魅力となっており、SIMフリースマホの入門モデルに最適な機種です。

・スペック一覧

機種名Ascend G620SCovia Fleaz F4
サイズ 72 x 142.9 x 8.5 mm 64.5 x 124 x 9.2 mm
重量 160 g 106g
OS Android 4.4.2 Android 4.4.2
CPU クアッドコアCPU
1.2GHz クアッドコアCPU
1.2GHz
RAM 1 GB 512MB
ROM 8 GB 3.2GB
LCD 5インチ TFT液晶
720 x 1280 4インチTFT液晶
480 x 800
バンド:GSM 850MHz、
900MHz、
1800MHz、
1900MHz 850MHz、
900MHz、
1800MHz、
1900MHz
UMTS 2100 MHz(B1)、
850 MHz(B5)、
900MHz (B8)、
800MHz(B19) 2100 MHz(B1)、
850 MHz(B5)
LTE 2100MHz(B1)、
1800 MHz(B3)、
850MHz (B5)、
2600MHz (B7)、
800MHz (B19) ―
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n IEEE 802.11 a/b/g/n

●3万円台

最新SIMフリー端末 まとめ

・TJC StarQ Q5002
発売時期が若干古くなっておりますが、こちらも国内向けのミドルレンジのスマートフォンです。オンラインでの直販や、ヨドバシカメラなどで取り扱っています。特徴としては高輝度かつ広い視野角を持つIPS液晶を採用している所。屋外でもハッキリとした画像を楽しめます。また、デュアルSIMスロットを採用しているので、先に紹介したCovia Fleaz F4同様、海外によく行く人にオススメです。

・スペック一覧

機種名TJC StarQ Q5002
サイズ 144.4 x 72.4 x 10.5mm
重量 153g
OS Android 4.4
CPU クアッドコアCPU
1.2GHz
RAM 1GB
ROM 16GB
LCD 5インチIPS液晶
720×1280
バンドGSM 850MHz、
900MHz、
1800 MHz、
1900 MHz
UMTS 2100 MHz(B1)、
800 MHz(B19)
LTE 2100 MHz(B1)、
1800MHz(B3)、
800MHz(B19)、
1500MHz(B21)
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n

1 2 3次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。