体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

君は坂口恭平を見たか? 自分の本を「タマ」と呼ぶ男に会ってきたよ!~マガジンハウス担当者の今推し本『ズームイン、服!』

2731

こんにちは、マガジンハウスです。文字通り大好評発売中の『ズームイン、服!』、もうお読みいただきましたか? 雑誌『POPEYE』の連載から生まれた、服とそれを着る人にズームインした、超カッコいいルポタージュです。その著者である坂口恭平さんが、このたび熊本から上京されると聞き、多忙スケジュールの合間にむりやり会ってきました。噂通りの面白い(変な)人でした!

―――坂口さん、こんにちは。前回もそうでしたが、今回の東京滞在でも、自ら書店さんを回られてるとか?

坂口 「はい。2012年ぐらいから、本を出版すると自分で本屋さんを回って営業してます。本を売るために。『独立国家のつくりかた』(講談社現代新書)出した時に、これは売れるだろうとは思ったんですけど、講談社の担当だった川治くんから、著者も本屋さんに行っていいんだよって聞いて、やり方色々教えてもらって、行きましたね」

―――ほう、講談社の。

坂口 「そう、だから今回も、講談社で学んだことをマガジンハウスで応用させてもらってる(笑)」

―――いいですね、ありがとうございます。だいたい何店舗ぐらい行かれるんですか?

坂口 「毎回50軒ぐらいは行かせてもらってるかな。あのね、出版社も営業の人よりむしろ編集者に同行させるべきですよ。売れてる本は、編集の人も本屋さんとコミュニケーションとってますもん」

―――で、今回も編集担当の矢野が御伴させてもらってるわけですね。

坂口 「でもね、矢野くん何も知らなかったんですよ(笑)。俺がイチから本屋さんへの営業の仕方を教えたんです。POPはこういうのを用意しろとか、色紙は2種類要るぞ、とか」

20150311_141409


坂口さんの指導の下で作られた素敵なPOPと、直筆イラストが可愛いサイン色紙。

―――それはすごい、ていうか失礼しました。ちょっと矢野氏、本当ですか?

矢野(以下Y)「は、はい、勉強させていただきました。POPEYE編集部に異動してすぐこの本の担当になって、坂口さんとお電話で話したんですが、僕があまりに無知だったのが即バレて。”君はペーペーかもしれないけど、これ(書店営業)は戦争だから”って言われて、とんでもないことが始まるなと(笑)」

―――戦争ですか!

坂口 「そう、本気でやってますからね。俺、本のこと”タマ”って呼んでますし。店頭で在庫が薄いと”タマが足りねぇぞ!”って(笑)」

―――そんな表現する方、初めてですよ! 書店員さんも坂口さんがお店にやってきたら楽しいでしょうね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会