ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

君は坂口恭平を見たか? 自分の本を「タマ」と呼ぶ男に会ってきたよ!~マガジンハウス担当者の今推し本『ズームイン、服!』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。文字通り大好評発売中の『ズームイン、服!』、もうお読みいただきましたか? 雑誌『POPEYE』の連載から生まれた、服とそれを着る人にズームインした、超カッコいいルポタージュです。その著者である坂口恭平さんが、このたび熊本から上京されると聞き、多忙スケジュールの合間にむりやり会ってきました。噂通りの面白い(変な)人でした!

―――坂口さん、こんにちは。前回もそうでしたが、今回の東京滞在でも、自ら書店さんを回られてるとか?

坂口 「はい。2012年ぐらいから、本を出版すると自分で本屋さんを回って営業してます。本を売るために。『独立国家のつくりかた』(講談社現代新書)出した時に、これは売れるだろうとは思ったんですけど、講談社の担当だった川治くんから、著者も本屋さんに行っていいんだよって聞いて、やり方色々教えてもらって、行きましたね」

―――ほう、講談社の。

坂口 「そう、だから今回も、講談社で学んだことをマガジンハウスで応用させてもらってる(笑)」

―――いいですね、ありがとうございます。だいたい何店舗ぐらい行かれるんですか?

坂口 「毎回50軒ぐらいは行かせてもらってるかな。あのね、出版社も営業の人よりむしろ編集者に同行させるべきですよ。売れてる本は、編集の人も本屋さんとコミュニケーションとってますもん」

―――で、今回も編集担当の矢野が御伴させてもらってるわけですね。

坂口 「でもね、矢野くん何も知らなかったんですよ(笑)。俺がイチから本屋さんへの営業の仕方を教えたんです。POPはこういうのを用意しろとか、色紙は2種類要るぞ、とか」


坂口さんの指導の下で作られた素敵なPOPと、直筆イラストが可愛いサイン色紙。

―――それはすごい、ていうか失礼しました。ちょっと矢野氏、本当ですか?

矢野(以下Y)「は、はい、勉強させていただきました。POPEYE編集部に異動してすぐこの本の担当になって、坂口さんとお電話で話したんですが、僕があまりに無知だったのが即バレて。”君はペーペーかもしれないけど、これ(書店営業)は戦争だから”って言われて、とんでもないことが始まるなと(笑)」

―――戦争ですか!

坂口 「そう、本気でやってますからね。俺、本のこと”タマ”って呼んでますし。店頭で在庫が薄いと”タマが足りねぇぞ!”って(笑)」

―――そんな表現する方、初めてですよ! 書店員さんも坂口さんがお店にやってきたら楽しいでしょうね。

坂口 「でもさ、どんな人でも必ずしも歓迎されるわけではないですよね。書店員さんもすごく忙しいし」


大事なタマを愛おしそうにめくる著者。

―――とはいえ坂口さんは、書店員さんにもファンが多いから、嬉しいエピソードも多いんじゃないですか?

坂口 「うん、俺は歓迎される(笑)。忙しさを超えるものが得られるみたい。たとえば青山ブックセンターには3年前から、俺の棚があるんですよ。そういうのって嬉しいですよね」

―――あと、事前にどの書店さんに現れるか、Twitterなどで予告されてますよね。ああやって書くと、ファンの方が来ちゃったりしませんか?

坂口 「来ますよ。でもね、なぜか男ばっかなんだよな…。さっきも出待ちしてる男がいて、聞いたら弁護士やってる人なんですよ。”顧問弁護士させてください”だって。これで訴訟の時も安心(笑)」

―――やっぱりファンの方も変わってるんですね。それにしても版元としては、ここまで熱心にご自身でプロモ活動していただけるのは、頭が下がるばかりです。
坂口 「だって担当が何も知らないんだもん」

Y 「すみません、ほんと」

―――ではこの際、マガジンハウスに言いたいことを仰ってください。

坂口 「重版のスピードが遅い! もっと早く重版決めてくれ。あとは書店で棚を(略)……あと書籍への関心が(略)……それから、二枚目じゃないと受け入れてもらえない雰囲気があるのがちょっとね」

―――あらそうですか?

坂口 「うん。俺みたいな三枚目はなんか入れない感じっていうか」

―――そうは言っても、坂口さんも結構ハンサムですよね。

坂口 「まあね(笑)。でも、俺はやっぱり”潜む”側の人間なんですよ。潜んでいるんだけど食えるってのがテーマだから。『ズームイン、服!』に寄稿してくれた水道橋博士も、彼は表の顔も持っているけど潜む面も持っているから、俺に興味持ってくれてるんだと思う」


イケメンですね。

―――業界にも坂口さんのファンは多いですが、なんとなくやっぱり男性が多いような……。

坂口 「そんなことないよ! 女性のファンだって多いって。ただ俺の場合、女性と付き合うと女性問題に発展しちゃうから(笑)」

Y 「あの、そろそろ時間が……」

―――では最後に、読者の方にメッセージを!

坂口 「えーと、僕の書く文は、だいたいネットで0円で読めるんで、本は買わなくていいですよ」

―――ダメです。

坂口 「あ、じゃあ、本屋さんで見て、いいなと思ったら買ってね」

―――この本、第二弾はないんでしょうか?

坂口 「ありますよ、もうすぐPOPEYEで次の連載が始まります。今度は教育論です」

―――教育論! それは楽しみ! 坂口さん、今日はありがとうございました。


何も知らない担当編集を、時には厳しく、時には優しく指導してくれる著者。

今週の推し本

■ズームイン、服!(坂口恭平 著)
ジャンル : エッセイ
ISBN : 9784838727315
定価 : 1620円 (税込)
発売 : 2015.02.10
[http://magazineworld.jp/books/paper/2731/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP