体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

講座とオーディションを融合、次世代の音楽人を養成する新形態の「ソニアカ」がスタート 音楽スクール「ソニアカMUSIC MASTER」インタビュー

講座とオーディションを融合、次世代の音楽人を養成する新形態の「ソニアカ」がスタート 音楽スクール「ソニアカMUSIC MASTER」インタビュー

講座とオーディションを融合、次世代の音楽人を養成する新形態の「ソニアカ」がスタート
音楽スクール「ソニアカMUSIC MASTER」インタビュー

サウンドプロデューサー / アレンジャー
松浦晃久(まつうら・あきひさ)
ソニー・ミュージックレーベルズ プロデューサー
灰野一平(はいの・いっぺい)

ソニー・ミュージックエンタテインメントが昨年9月に開催した講座フェス「SONIC ACADEMY(ソニアカ)」に続き、より深く実践的な知識を学ぶことができる音楽スクール「ソニアカMUSIC MASTER」と「ソニアカ WEB トレーニング」を開講する。オーディションも兼ねているこの講座を通じて、新たな才能の発掘も視野に入れており、現役プロデューサーの審査、受講後の音楽活動のサポートなど、他にはない充実したバックアップ体制も用意されている。「可能性を見つける機会として、役に立ててもらえれば嬉しい」と語る講師の一人、アレンジャーの松浦晃久氏と、コース解説委員を務めるソニー・ミュージックレーベルズ灰野一平氏に、ソニアカを通して伝えたいことや開講の経緯を伺った。(取材/文:Jiro Honda、Yuki Okita)
2015年3月12日掲載

SONIC ACADEMY オフィシャルサイト / Twitter / Facebook / YouTube
松浦晃久オフィシャルサイト / Wiki

チャレンジングな「講座フェス」から見えた新たなニーズ

—— まず、昨年9月に行われたソニアカフェスはいかがでしたか?

灰野:最初はこの手のものに本当に需要があるのか半信半疑の部分もありましたが、いざやってみると非常に好評でした。実際に仕事をしているプロの方も受講していただいたり、本当に幅広い方々に参加していただきました。やはり第一線で活躍されている方が講師として自分のやり方をオープンにするという機会は少ないですし、いわゆる音楽スクールの授業とは少し質の違うものを提供したいというのが当初からの狙いだったので、そこはすごく上手くいったのかなと思います。

 一方、反省点としては、90分という時間ではやはり伝えたいことが限られてしまうことですね。フェス形式でのソニアカは門戸を広げる役割として非常に重要ですし、これからも継続して行う予定ですが、もっと詳しくスキルを身に付けたい方に向けてということで、10回の講座をセットにしたスクール形式での開講にいたりました。

▲左から松浦氏、灰野氏—— 松浦さんは昨年のソニアカフェスでも講座を担当されていましたね。

松浦:それこそ時間が90分と短く、技術的に深く解析するのはちょっと難しかったので、どちらかというとプロとしての音楽制作の向き合い方、マインドの話が中心になりました。今回は時間も増えるので、より具体的に解析や解説ができると思います。

受け継がれてきた制作ノウハウ、次の世代へ

—— ソニーさんから講師の依頼がきたとき、最初はどのように思いましたか?

松浦:これまでも色々なところから講師のお話を頂いたりすることはあったんですけど、自分が作ることに一生懸命だったのでお断りすることが多かったんですね。でも、ソニアカはタイミング的にたまたま自分の気持ちと合ったので、お受けしてもいいかなと(笑)。

——その気持ちというのは?

松浦:今はデバイスやテクノロジーが進歩して、人と人があまり出会わなくても制作物ができあがる時代になっていますよね。その方が効率的かもしれないけど、作品を作る上でのコミュニケーションは乏しくなっている。人とのやりとりを経験しないままクリエイターがどんどん育っていくと、もちろんそうして良いものを作ってる人もいますが、後が続かなかったり、面白くなくなったりすると思うんです。僕自身はこれまで、音楽制作の現場に色々な技術を持った人が集まって、みんなが才能を出し合う環境で音楽を作って、様々なことを身に付けてきたけど、時代が変化していく中で僕が経験したことや受け継いだものは、大きく考えると音楽を通じた歴史の一部だと考えるようになったんです。なので、僕も先輩から頂いたものをちゃんと自分の言葉で次の世代に受け渡す義務があるのかなと思うようになって。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。