体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お部屋訪問】エッセイスト・犬山紙子編

友だちの部屋に遊びに行くような感覚で、有名人の部屋に上がりこんでみたい……。そんな妄想から始まった当連載。第7回目の訪問先は、エッセイストの犬山紙子さんの部屋だ。

犬山さんはどのような部屋に住んでいるのだろうか?

犬山さんはどのような部屋に住んでいるのだろうか?犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト、愛犬家。美女たちの残念なネタをまとめたデビュー作「負け美女 ルックスが仇になる」(マガジンハウス)が話題に。ほか、峰なゆかとの対談本「邪道モテ! オンナの王道をゆけない女子のための新・モテ論」(宝島社)、瀧波ユカリとの共著「女は笑顔で殴り合う~マウンティング女子の実態~」(筑摩書房)、「高学歴男はなぜモテないのか」(扶桑社新書)など著作多数。また、テレビやラジオなど多方面で活躍。「引越しって面倒じゃないですか?」

img_03

幼少期を大阪、兵庫で過ごし、14歳から仙台に移り住んだ犬山さん。大学卒業後は、出版社に勤務。女性ファッション誌の編集者として働き始めたが、家庭の事情で退職し、ニート生活へと突入。仙台と東京を行き来する生活を送っていた。

「都内に行く時は、姉が借りていた目黒区の部屋に寝泊まりしていました。そのうち、東京にいる割合の方が多くなり、ガッツリ住むようになりました。けれど今でも月に10日は仙台に帰っています」

現在も目黒区内に住む犬山さん。住む土地にこだわりはなく、交通の便と買い物が便利だったことが決め手だったそう。

「あまり引越ししないタイプなんですよね。だって面倒じゃないですか? 時間も労力もかかるし……。けれど前の部屋に服が収まらなくなってきて、引越しを決意しました。現在は寝室をクローゼットにしているので快適です。あと、いろんな病院に徒歩で行けるのはいいなぁと。病院って遠いとサボりがちだけど、一番サボっちゃダメですものね。ずぼらな私ですが、引越してから歯医者もちゃんと通って虫歯ゼロになりました!」

img_04

玄関には大量の靴が並べられている

img_05

玄関先には、元モーニング娘。の道重さゆみさんのパネルと、結婚パーティーの際、杉作J太郎さんが書いてくれたイラストが飾られている部屋での過ごし方は?

img_06

収録以外などは、ほぼ自宅で仕事をしている犬山さん。仕事以外では、どのように過ごしているのだろうか?

img_07 img_08 img_09
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会