ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神道学者が迫る「かぐや姫が犯した罪」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神道学者が迫る「かぐや姫が犯した罪」とは

 3月13日、日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて、スタジオジブリの高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』がテレビ初放送されます。

 第87回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされた同作。惜しくも受賞は逃しましたが、現代的な感性で、自分の意思を持つヒロインとして描かれるかぐや姫像や、日本画のような手法で描かれた独特の世界観は、多くのファンを魅了しました。

 そして同作と言えば、なんといっても気になるのが、”姫の犯した罪と罰”というキャッチコピー。劇場で既に観ていた人からは「1回観ただけでは、一体何が罪で何が罰だったのか、よくわからなかった……」という声もちらほら聞こえてきます。

『かぐや姫の物語』は、昔話でもおなじみの『竹取物語』が原作。しかし、オリジナルの『竹取物語』では、「かぐや姫は、前世(月の都)で犯した罪を償うために、竹取の翁夫婦の元に遣わされた。そしてその贖罪が終わったので、月から迎えが来た」と書かれているだけで、地上に降ろされた原因になった、かぐや姫が前世で犯した罪の内容については、はっきり描かれていません。

 本書『かぐや姫の罪――誰も知らない「竹取物語」の真実』は、そんな『竹取物語』最大の謎、「かぐや姫が犯した罪とは何か?」に迫る一冊。著者の三橋健さんは、日本の神話や伝承には、桃から生まれた『桃太郎』のような「異常出生」譚や、子供のいない老夫婦が、神仏の計らいによって子宝を授かる「申し子」譚など、「物語の約束事」とも言える類型パターンがあることを紹介しています。

 本書では、『竹取物語』の原型となった伝承『浅間御本地御由来記(せんげんごほんちおんゆらいき)』と『富士浅間大菩薩事(ふじせんげんだいぼさつのこと)』に注目。この2つの物語のパターンを『竹取物語』にあてはめれば、「かぐや姫が犯した罪」が類推できるとしています。三橋さんは、上記2つの物語を踏まえ、かぐや姫のような絶世の美女が、その美貌ゆえに犯す罪といえばパターンが決まっており、それは男女の恋愛ごと、つまり”姦淫の罪”だと考察しています。

 神道学者でもある三橋さんは、神道学の立場から、本書でかぐや姫の罪を結論付けていますが、『かぐや姫の物語』で、高畑勲監督が描いた”姫の犯した罪と罰”とは一体何だったのか? 放映前に本書を読んでおけば、新たな発見があるかもしれません。

【関連リンク】
金曜ロードショー
https://kinro.jointv.jp/

■関連記事

渡辺謙ブロードウェイ初挑戦の舞台『王様と私』はタイでは発禁扱い?
大河ドラマ「花燃ゆ」 イケメン出演陣の中で際立つ要潤の魅力
オール広島弁 任侠道で読み解く、仁義なきイエス・キリストの生涯

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。