ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栓を抜かないでほしいって、通じるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 Bさんは、いきつけのバーでこんな注文をしました「ちょっとぬるいくらいがおいしいから、○×ビールを栓を抜かずにくれないか?」。自分の席で程よく温度が上がったところで味わおうという算段です。

 さて、Bさんのオーダーにお店側はどう対応するでしょうか?

(1)「渋いですね。いいですよ」と栓を抜かずにビールを提供した
(2)「申し訳ないが、栓を抜いて提供しないといけないんです。常温になるまで冷蔵庫から出しておきますから、飲む時に声をかけてください」

A.

正解(2)「申し訳ないが、栓を抜いて提供しないといけないんです。常温になるまで冷蔵庫から出しておきますから、飲む時に声をかけてください」

 バーや居酒屋では、基本的にビールなどについては「栓を抜いて」提供します。これは、栓を抜かずに提供すると、持って帰ることもできるため「酒類の販売を行った」と判断される可能性があるためです。こうなると、酒類の販売について、免許が必要になります(酒税法9条など参照)。

 居酒屋やバーは一般的に免許取得にはコストがかかることなどから酒類販売についての免許は取得していません。したがって、栓を抜かずに常温でビールを飲みたいお客様には、カウンターでお酒の温度を常温に戻してから提供します。

 ちなみに、今回のBさんのようにビールを常温で飲むのは、温度が上がることで、香りや甘みを強く感じられるからです。ぜひ、一度お試しを。

元記事

栓を抜かないでほしいって、通じるのか?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP