ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【球団クイズ】阪神タイガースの1960年までのチーム名は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球が現在の形になるまでには数多くの球団が生まれ、そして消えていった。今はなき球場で熱戦を繰り広げた選手たちもいる。

 週刊ポスト増刊『プロ野球&甲子園 甦る伝説』には、戦前の球団から2004年に消滅した大阪近鉄バファローズまで20球団以上の消えた球団と、後楽園や平和台など懐かしの球場を紹介している。

 その“入門編”として消えた球団の歴史をクイズ形式で紹介しよう。

(Q1)1950年代は映画会社が球団を持っていました。2リーグ制が始まった1950年、セ・リーグを制したのは発足1年目の球団ですが、その親会社は?

(Q2)「阪神タイガース」は、1960年まで名前が違います。さてその名前とは?

(Q3)巨人は発足時、現在とは全く違う名前で誕生しました。その球団名は?

(Q4)「野武士軍団」の名で黄金時代を築いた西鉄ライオンズは「西鉄クリッパース」ともうひとつの球団が合併して誕生した球団です。福岡有数の有名企業が保有していたその球団は?

(Q5)日本にはかつて企業ではなく個人が所有した球団がありました。現在の千葉ロッテの“源流”のひとつで、わずか3年で幕を閉じた球団名は?

 答えは下に。
 





 
(A1)松竹ロビンス
 繊維問屋「田村駒商店」と映画会社「松竹」が提携して発足した球団。ロビンスは田村駒の社長・田村駒治郎の「駒」から連想した「コマドリ」に由来。

(A2)大阪タイガース
 親会社が阪神電鉄だから、ではなく「ファンは大阪だけではなく神戸にもいる」という理由で1961年に改称された。タイガースの由来は電鉄社員からの公募。

(A3)大日本東京野球倶楽部
 1934年、読売新聞社社長の正力松太郎が招聘した大リーグ選抜との試合で活躍した選手を中心に結成された。

(A4)西日本パイレーツ
 親会社は西日本新聞社。1949年オフにセ・リーグに加盟するが、リーグ縮小によってわずか1年で西鉄クリッパースと合併する。

(A5)高橋ユニオンズ
 オーナーは参議院議員でもあった実業家・高橋龍太郎。ロートル揃いの球団で「史上最弱球団」ともいわれる。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3年で消えた“幻の球団”「高橋ユニオンズ」の軌跡描いた書
【球団クイズ】南海が1年だけ使用した恥ずかしいチーム名は
4番小鶴誠ら強力な「水爆打線」でリーグ制覇の松竹ロビンス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。