ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3日間限定!!話題のクラフトビールが無濾過で味わえる!!あの“よなよな”の公式のビアバル神田店がオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気温が上がるにつれて、飲みたくなるのがビールというもの。クラフトビールの人気銘柄が勢揃いのビアバルが、新たにオープンする。

3月24日(火)、神田須田町の中央通り沿いに「よなよなBEER KITCHEN 神田店」がオープンする。同店ではこれを記念し、3月24日~3月26日まで、限定ビール「僕ビール、君ビール。」の無濾過が販売される。

代表ブランドである「よなよなエール」をはじめ、「インドの青鬼」、「東京ブラック」、「水曜日のネコ」、「ハレの日仙人」など、人気のクラフトビール銘柄を次々と発表しつづけているヤッホーブルーイング社。今回オープンする「よなよな BEER KITCHEN 神田店」は、そんなヤッホーブルーイング社のドラフトビールをどこよりも多く味わうことができる唯一の公式ビアバルとなる。ビールは、「よなよなエール」や「水曜日のネコ」などの定番商品はもちろん、ここでしか飲むことが出来ない限定醸造ビールも随時用意される。

今回期間限定での登場となる注目の「僕ビール、君ビール。」は、新鮮な若い果実のような香りと、ホップによるキリッとした苦味を感じられる「セゾン」と呼ばれる種類のビール。2014年、ヤッホーブルーイング社とローソンの共同開発製品として発売されたこのビールが、今回はドラフトの無濾過で特別に提供される。そうそう口にできるものではないこの一杯、早く定番の銘柄と飲み比べてみたい!!

さらに「よなよな BEER KITCHEN」ではビールだけでなく、合わせて楽しみたい料理も豊富に用意されているのがポイント。ハーブやスパイスなどを使用し、プレーン、大葉山椒、はてはカレーにイカ墨(!?)まで取り揃えられた10種類以上のオリジナルソーセージ(税別・380円~)をはじめ、「東京ブラック」を使ったソースで煮込んだチャーシュー(税別・980円)、肉厚で弾力があり、甘みと歯ごたえが特長の福島県産・伊達鶏を使用したローストチキン(税別・980円~)などが楽しめる。

ビールに負けず劣らず個性あふれる充実のラインナップに、こちらもコンプリートしてみたくなりそう。

ハンドメイド感溢れるビアレストラン「よなよな BEER KITCHEN」で、特別な逸品を味わってみて。詳細はこちら(http://www.yonayonabeerkitchen.com/)から。


カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP