ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

卒業間近・無内定学生を、タクシーの国際自動車が大募集 「仮面就職でもいいから正社員に!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学生にとって3月は卒業シーズンだ。しかし、まだ内定を持っていない学生は素直に喜べないだろう。厚労・文科省の合同調査では、昨年12月時点で約8万人の就職希望者が内定を得られていないそうだ。

「もう、とりあえずフリーターでいいや…」と諦めている学生たちに、ここに来て救いの手を差し伸べる企業が出てきた。タクシー、ハイヤー事業などで6000人以上の従業員を抱える国際自動車が2015年3月上旬、「kmの仮面就職」という一風変わったサイトを立ち上げたのだ。
一番良くないのは「フリーターマインド」が身につくこと

「小説家を目指している人、バンド活動をしながら働いている人、女子パワーリフティングの選手で体を鍛えながら仕事をしている人など、当社には夢や希望を諦めずに働く若い人が多くいます。それがそのまま、当社が求める人材。それを伝えたくて『kmの仮面就職』をオープンしました」

国際自動車の広報担当者は、キャリコネニュースの取材にサイト開設の趣旨をこう明かす。つまり「他にやりたいこと」が前提としてあってもOKで、そうした学生を「正社員」として雇いたいということだ。

募集職種はドライバーで、サイトに書かれている1年目のモデル年収は430万円。2年目で600万円だ。新卒の給与としては高い部類に入る。サイトには「とりあえずでも良いので、正社員としての社会人スタートを応援します」「夢が見つかったら、旅立っても構いません」といった言葉も並び、就職に決心がつかない学生にとっては嬉しい言葉だ。

こうした厚遇を用意する理由には、「安易にフリーターになってほしくない」という会社の考え方がある。一番良くないのは「フリーターマインド」が身についてしまうこと、だというのだ。

「アルバイトは一般的に時給で働きますよね? つまり頑張っても頑張らなくても、工夫しても工夫しなくても、成果を出しても成果を出さなくても、同じ時間働くと同じ報酬が発生する。この環境下だと、無意識のうちに頑張らなくなるんです。工夫しなくなるんです。成果を追求しなくなるんです」

サービス業には「若い人たちの柔軟性」が必要

同社では、働き方も「隔日勤(月11~13回勤務)」「日勤(日中のみ)」「夜勤(夜間のみ)」の中から選ぶことが可能だ。俳優志望であれば隔日で働き、隔日で稽古に打ち込むというライフスタイルも実現できる。

ではなぜ、国際自動車は「夢を優先」する若者を採用するのだろうか。経営者や上司であれば、「自分の会社の仕事を一番に考えてほしい」と思いがちなものだが…。

「当社のようなサービス業には若い人たちの柔軟性が必要ですが、夢を追っている人にはそれがあります。例えば高齢者の方が重い荷物を持って乗車されたら、その荷物を玄関まで持っていけるようなホスピタリティが必要です。そうした社会経験を積むことは、若い人たちにとっても、きっと役に立つはずです」(広報)

同社は、このような個人の夢を優先した就職を「仮面就職」と呼び、今年の就活シーズンで10人から50人程度の採用を予定しているという。サイトでは学生に向けて、このようなメッセージが載っている。

「全ての人を受け入れる受け皿にはなれないかもしれませんが、もし私たちの提供できる働き方や条件が合うのなら、kmがあなたの夢を見つけ、夢を信じ、夢に挑戦する勇気とチカラを与える環境になれるはずです」

夢を追うためにフリーターになっても、「夢に投資したいがお金がない」「バイトに追われて時間がない」となっては元も子もない。「貧すれば鈍する」という言葉もある。

エントリーや説明会の参加申し込みは、サイトから受け付け中。どうしようか迷っている学生は、一度参加してみるのもいいかもしれない。

あわせて読みたい:既卒・第二新卒でも悲観する必要がない理由とは?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP