ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見知らぬ誰かの、代金を支払う。「ポストイット」を使ったピザ屋の、斬新な取り組み!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカでも貧困率のひときわ高いフィラデルフィアの街で、あるピザショップが「ペイ・フォワード」を始めたことが話題になっている。見知らぬ誰かのために、「事前にお金を支払う」好意のことだ。更にそれがお店の利益や社会貢献にも繋がっているのだという。

1ドルのピザを、
必要としている人々へ

ピザショップ「Rosa’s Fresh Pizza」に訪れた利用客は、メニューにある1ドルのスライスピザを、誰かのために事前に購入することができる。ピザの代わりに渡されるのは1枚のポストイット。そこにメッセージを書いて、壁に貼る。そして、そのポストイットをとった人は、誰でも無料でスライス・ピザを購入することができる。

オーナーのメイソン・ワートマンさんはこう語る。

「ある日、お客さんがピザを事前購入したいと言ってきたんだ。誰か必要としてるひとのためにって。それで1ドル受け取ったんだけど、その時にレジの後ろにポストイットをピザチケットとして貼っておいたんだ。何日かして、65セントしか持っていないお客さんが来店したときに、お金はいいからといって、そのポストイットを渡してピザを売ったのが始まりだ。

今ではもう1万枚位売ったんじゃないかな。こんなにシンプルで素晴らしいことはないよ」

ポストイットに書かれた
ポジティブなメッセージ

今や店内中に貼付けられたポストイットには一つひとつ購入した人からの手書きのメッセージが書いてある。どれも心温まる内容のコメントばかりだ。 

 

社会貢献にも?

お店にとってはマイナスなこともなく、今では売り上げの全体を10%程アップさせる大切な要因にもなっているようだ。更に驚くことに、ホームレスだったはずの利用客が、突然姿を消したかと思うと、仕事を見つけて帰ってきて「ペイ・フォワードのピザを買いたかったんだ」と語ったなんてエピソードもあるそう。更には、食に困って犯罪に手を染める人々を抑制させる効果も出ているという。これはオーナーにとっても、想定の範囲外だったようだ。

「まさか、犯罪を止めることまでできるなんてね。考えもしなかったよ」

誰かのために買う1ドルのピザが、困っている人々を心身ともに救う。ペイ・フォワード方式のピザショップ、あなたはどう思った?

Reference:YouTube, Upworthy , Post-Gazette

関連記事リンク(外部サイト)

世界各国の朝ごはんを初めて食べる子どもたち。そのリアクションが面白すぎ!
世界最高のダンスパフォーマンスに込められた、意外なメッセージとは・・・
ブルーボトルだけじゃない!2015年日本初上陸の、カフェ&スイーツ「7選」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP