ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2011年3月11日、なぜ「Twitter」は落ちなかったのか? 多くの人が知らない、意外な真実。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東日本大震災から4年。
新聞、テレビをはじめ多くのメディアが当時を振り返り、未曾有の災害がもたらした被害を忘れまいと結んでいる。しかし、ここで振り返るのは、災害そのものや被災地についてではない。2011年3月11日、アメリカでの出来事だ。

あの日、
Twitterがライフラインだった

 

震災直後、電話やメールがつながらない状況下で、大きな役割を果たしたのがSNSだった。とくにTwitterは、被災地の状況や安否確認などにおいて重要な役割を果たした。
一説によると、震災から1週間で投稿されたツイートは約1億8千万。震災を機に、多くの人がTwitterをはじめたという記録も残っている。

ここでひとつ、素朴な疑問。電話回線がパンクし、ケータイメールも送受信できない中で、どうしてTwitterだけが機能したのだろう? 爆発的に利用が増えたのだから、サーバーがダウンしてもおかしくなかったはずだ・・・。

ひとりのエンジニアの判断が
二次被害を防いだ

調べてみると、意外な事実がわかった。
ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT(atmarkit)」に掲載された「あの日、Twitterのクジラが出なかったもう1つの理由」という記事によると、やはりあの日、Twitterのサーバーダウンする可能性はあったようだ。それを回避したのは、ひとりのTwitterのエンジニア。報道で遠く離れた日本の地震を知った彼は、こう考えたそうだ。

「大量のアクセスがあり、Twitterにアクセスできなくなったら大変な二次的被害を被る人が出てくるかもしれない」

そして、翌週にセットアップする予定だった新品のサーバーをラックに入れて、日本向けのサーバー数を急遽3倍に増やしたそうだ。この機転によって、(少なくとも精神的に)たくさんの日本人が救われたことになる。
なお、これら一連の行動はエンジニアの独断で行われたそうだ。上司に報告することなく、自ら正しいと思うことを信じた――名も無きエンジニアの功績は決して小さくない。

最後に、あらためてこの話は「@IT」に掲載された「あの日、Twitterのクジラが出なかったもう1つの理由」を元にしています。より詳しいお話を読みたい方は、リンク先をチェックしてみてください。

 Reference:@IT「あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由」

 

関連記事リンク(外部サイト)

検索するだけで被災地に10円が寄付される、「Search for 3.11」を知っていますか?
【閲覧注意】あの日を忘れない。カメラが捉えた4年前の「3.11」
スマホを見ているとき、あなたに起こっている「8つの真実」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP