ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホとダンボールでクッキング!安全で楽しいスマート玩具「ダンボッコキッチン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもに与えるおもちゃは、ただ楽しいだけでなく、極力安全なものを選びたい。親なら誰でも思うことだ。それなら、こんな製品はいかがだろうか。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した「ダンボッコキッチン」は、ダンボールとスマホで料理体験ができるスマート玩具。iPhoneアプリと、ダンボールでできたお料理道具を使って、料理を学ぶというもの。

焼き音から傾き具合までリアルに再現

使い方は、とってもカンタン。各基本キットに、スマホをセットするだけ。専用アプリから好きなレシピを選んでキットにのせれば、手順をそのまま再現してくれる。

例えば、フライパンキットで、目玉焼きを作りたいとき。アプリから目玉焼きレシピを選んで、ダンボールフライパンの真ん中にセット。すると、卵を落とした状態から焼き上がりまで、リアルに再現。本物さながらの目玉焼き作りを、火も油も使わずに、楽しむことができるのだ。

5月から順次出荷予定。支援はまだまだ受付中

ジュージュー焼く音や、包丁でトントン切る音も、実にリアル。キットを傾けると、アプリの具材も同じように傾くというから、芸が細かい。手作り感溢れる見た目も、キュートだ。

基本キットは、まな板、フライパン、鍋、コンロ、包丁が各1品。1セットの価格は、3,900円を想定している。既に資金調達に成功しており、支援者には5月から順次、出荷する予定だ。お洒落で実用的なおもちゃをお探しの方、申し込んでみては?

ダンボッコ キッチン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP