ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

R・キャンベル氏 日本人が外国人に褒められたがる理由分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍解説】『日本人のここが カッコイイ!』加藤恭子編/文春新書/本体780円+税

 最近、外国人の視点から日本と日本人を礼讃する本が目立つ。『日本人のここがカッコイイ!』、『ドイツ大使も納得した、日本が世界で愛される理由』、『イギリスから見れば日本は桃源郷に一番近い国』、『中国が愛する国、ニッポン』、『日本人になりたいヨーロッパ人』、『外国人だけが知っている美しい日本』……。

 ここ1年間に出版されたものだけでも類書は軽く20冊を数える。その現象が意味するものは何なのか? 日本文学研究者で米国出身のロバート・キャンベル氏が語る。

──外国人から褒められると、日本人の美徳とされていることに客観性があるような気がして嬉しい。しかし、これだけ並ぶと“ほんとかよ”と疑問も浮かびます。

キャンベル:実は私もここ2、3年、そのような本を書いてくれないかと数え切れないくらいオファーをいただいていまして(笑)。自分の専門でなければ軽い気持ちで語れるのですが、日本語をテーマにしたものだとそうはいきません。その手のオファーには、他の言語に比べていかに日本語が美しく、豊かであるかを書いて欲しいという要望が込められています。

 しかし、それぞれの言語に特徴はあっても、言語間に優位も劣位もないと私は考えているので、お断りせざるを得ないんですね。(何冊かを並べて)それにしてもこうして並べて見ると、ちょっと背中がウズウズするというか、ご機嫌なタイトルばかりですね(笑)。

──その感覚はどこから来るのでしょうか。

キャンベル:今の日本人は自分と違う人、つまり外国人から評価されたい思いがすごく強いんですね。でも、その思いは、裏返すと、自分たちのことを悪く言う奴は出て行け、という排除の気持ちとどこかでつながっているような気がします。

 アメリカ人は外国人からどう見られるかにあまり興味がありませんし、この手の本が流行ることもありません。レンズが鏡になったレイバンのサングラスが象徴するように、自分たちが世界そのもので、世界の鏡だと思っているんです。

 その傲慢さに比べると、日本人が自分を映す外の鏡を持つこと自体はいいことです。しかし、白雪姫に出てくる王妃のように、自分が世界で一番綺麗だと言ってくれる鏡ばかりをありがたがるのは、自分のことを醜いと言う鏡は気に食わないという思いと紙一重なんですね。

──日本人はなぜそんなに、外の鏡を気にするのでしょうか。

キャンベル:その理由については、今ひとつ私の中でも整理しきれないんですね。文学、あるいはファッション、デザイン、建築といった個々の分野では、外国からの評価によって自らのアイデンティティを確認する、ということはないんです。なのに、社会全体のことになると、外の鏡に映る姿が気になって仕方がないんですね。自信がないのでしょうか。

 そろそろそういうことを気にしないぐらいの成熟を身につけていると思っていたのですが。礼讃本のタイトルだけを見ていると、言葉は悪いのですが、なんだか日本が一見、ポストコロニアルな(※)発展途上国に思えてしまいます。

(※)ここでは、植民地支配を脱した、といった意味。

 実は、逆に明治の頃はあまり気にしていなかったのです。たとえば、明治初期に岩倉使節団が欧米を回り、アメリカを鉄道で横断したとき、どんな田舎の駅にも必ず新聞記者が取材に来ました。

 ところが、随行した書記官が後にまとめた『特命全権大使米欧回覧実記』を読むと、自分たちがアメリカ人記者にどう見られ、どう書かれるかを気にして、言動を調整することがまったくなかったことがわかります。もう気持ちいいくらい気にしていない(笑)。

 明治の後半にロンドンに留学した夏目漱石にしても、近代欧米文明の中で日本と日本人はどうあるべきかについては深く考えましたけれど、自分たちが欧米からどう見られているかに一喜一憂することはありませんでした。

 気にするようになったのは、戦後の高度経済成長が終わった頃からではないでしょうか。日本がグローバル化する一方、従来の価値観でやっていけなくなり始めたときからです。ちょうどその頃、日本人論ブームも起こりました。

(インタビュー・文/鈴木洋史)

※SAPIO2015年4月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本人の知識欲、勉さ、美徳等を台湾出身論客が紹介する本
韓国人 富士登山で野グソ報告「俺のクソで富士高くなった」
日本国籍取得D・キーン氏 震災で世界中が日本の美徳に感心 

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP