ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本アカデミー賞受賞の土橋章宏氏 新しい時代劇に意欲見せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画デビュー作での快挙だった。写真の男性は『超高速!参勤交代』で第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた土橋章宏氏(46)。2月27日の受賞式では、『永遠の0』が8部門で最優秀賞を獲得する“0旋風”に一矢報いたとあって、椅子を倒しての大きなガッツポーズも飛び出した。

「他の優秀作品は原作があり、私の作品だけオリジナル。この受賞は『オリジナルもっと頑張れ!』という投票者からの応援が大きかったと思います」

 少し謙遜気味に語る土橋氏だが、その実力は以前から高く評価されていた。2011年には脚本家の登竜門である城戸賞に史上初の審査委員オール満点で入選。現在は小説家としても活躍している。

「これからも観る人、読む人が笑えて明るい気持ちになれる、ポップな新しいタイプの時代劇を描きたい」と語る土橋氏は、3月30日発売号より週刊ポストで連載を開始する。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本に1人だけいる渋滞予報士 的中率80%の予測方法を語る
新婚・梨花 ワンピのスリットから「美しすぎるナマ脚」露出
TVの1/10のギャラでも女優が映画に出るのは格上げのため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP