ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46の川村真洋がソニーミュージックの音楽スクールWEB動画に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソニー・ミュージックエンタテインメントがプロの音楽クリエイターやアーティストを目指す次世代の音楽人を養成する実践講座「ソニアカMUSIC MASTER」の5コースと、WEBを通して初心者から上級者までボーカルのスキルをアップ出来る「ソニアカ WEB トレーニング」を2015年4月より順次開講する。

今回、「ソニアカWEBトレーニング」“ソニトレ”のレッスン動画に乃木坂46の川村真洋が生徒として登場することが決定した。

川村を教えるのは、現在も数々のアーティスト(YUKI、中島美嘉など)とステージを共にしている女性コーラスのMeg。

「目からウロコ!Megのボーカルジム」と題されたプログラムでは、ベーシックな内容はもちろん、現役で活躍する人材だからこその内容が盛りだくさん! 「カメラの前でボイストレーニングを受けるのは初めてなので、がんばります」とコメントした川村だが、どんなレッスンが始まるのかは、是非あなたの目で確かめてほしい。

更に「ソニトレ」では、【ソニトレモデルオーディション】と題して、全国のソニトレメンバーを代表する”ソニトレモデル“の募集をスタート! 年齢、性別、国籍は不問で、優勝者には、ソニトレのコンテンツ出演の他、ソニトレの顔として様々なイベントに参加する権利が与えられる。歌うことが大好きな方、歌唱力アップしたい方、そして何よりもデビューしたい方、これを機に自分の夢を叶えよう!

■ソニトレモデルオーディション募集詳細
http://soniaca.com/audition/

『乃木坂46 川村真洋 コメント動画』
http://youtu.be/fvB3gilEhYc

【ソニアカ MUSIC MASTER】
プロフェッショナルを目指す音楽クリエイター、アーティスト志望の方々に向けて本格的な音楽スクール『ソニアカMUSIC MASTER』を4月より開講します。

開講記念特典として入学金<10,000円(税抜)>を無料といたします。

昨年9月に3日間で50種以上の音楽講座を擁する音楽フェス・スタイルの『Sonic Academy』(通称ソニアカ)を開催し、多くの未来ある受講生を迎えました。『ソニアカMUSIC MASTER』ではその中でも関心が高かった作詞、作曲、ヴォーカル、アレンジ、レコーディングテクニックの5つコースをそれぞれ全10回に亘りソニーミュージック乃木坂ビルを中心に開催します。講師陣には第一線で活躍するプロデューサー、音楽クリエイター、レコーディングエンジニア、トレーナーを迎え、講座を通して制作する受講者の各種作品はソニーミュージック所属のアーティスト作品向けとしてソニーミュージックの現役プロデューサーが審査を行ないます。講座を受講しながら、クリエイター、そしてアーティスト・オーディションも兼ねた画期的な講座スタイルとなっています。コース終了後、特に優秀であった受講者はソニーミュージック認定クリエイターとして登録し、その後の音楽活動をサポートしていきます。

より深く学べる、一段上の超実践的音楽講座となります。

<コース内容>
■いしわたり淳治のプロフェッショナル作詞コース
講師:いしわたり淳治
4月開講 全10回 受講料50,000円(税抜)

■マルチ作曲コース
講師:Ryosuke”Dr.R”Sakai、丸谷マナブ、山本加津彦
4月開講 全10回 受講料50,000円(税抜)

■ヴォーカルマスターコース(締め切りました)
講師:大久保海太、ソニーミュージックプロデューサー
4月開講 全10回 受講料70,000円(税抜)

■パーフェクトアレンジコース
講師:松浦晃久他
6月開講 全10回 受講料50,000円(税抜)

■マルチレコーディングテクニックコース
講師:三好敏彦(HAL)他
6月開講 全10回 受講料50,000円(税抜)

※会場はソニーミュージック乃木坂ビルとなります(一部の講座に関して変更の可能性あり)
※各コース開講特典として入会費10,000円(税抜)は免除(期間限定)
※「ソニアカ」とは「SONIC ACADEMY(音の学び場)」の略称

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
『ソニアカMUSIC MASTER』オフィシャルHP
“NARUTO THE LIVE vol.0”にFLOW、Aqua Timez 、DOES、ダイスケ、7!!、乃木坂46、DISH//、トミタ栞 ほか出演

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP