ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

精華女子高等学校吹奏楽部のアルバムがビルボードクラシックチャート1位、2位を独占

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、精華女子高等学校吹奏楽部のアルバム『熱血!ブラバン少女』『挑戦!ブラバン少女』がそれぞれ首位と2位に同時チャートインとなり、3位以下を大きく引き離す結果となった。

 福岡県にある私立女子高吹奏楽部、精華女子高等学校吹奏楽部。全日本吹奏楽コンクール<高校の部>で7回連続金賞を獲得し続けている有名校で、全日本マーチングコンテストにおいても14回出演し全て金賞を獲得する実績をもつ。創立35周年記念に発売されたファーストアルバム『熱血!ブラバン少女』は2014年2月の発売以来断続的な人気を維持し、これが31回目のチャートイン。同年12月に発売されたセカンドアルバム『挑戦!ブラバン少女』は9回目のチャートインとなった。2月7日、8日に行われた定期演奏会は前売り完売と、根強いブラス・ファンたちからの熱い人気ぶりを見せる結果となっている。

 良質のクラシック名曲集で、良質な育児環境を。クラシック音楽の初心者向けに定番曲を集めて収録した、情操教育用CDシリーズ6アイテムが、14位以下に一挙全点チャートに返り咲く快挙となった。ほぼ同点でのチャートインのため、全アイテムをセットで購入した結果が反映されたと見られる。内容は「さわやか目覚めの音楽」「すくすくメロディー」「さわやか笑顔の音楽」などのテーマに合わせ、室内楽やピアノソロ、コンチェルト、シンフォニーまで幅広く対象とし、クラシック入門者へ向けて定番曲の多いコンピレーションアルバムとなっている。保育や音楽教室の現場で推薦されているようだ。

 また4位には2015年3月4日発売の『「宇宙戦艦ヤマト 2199」からの音楽』が初登場。2014年4月に心機一転、新体制でスタートをきった大阪市音楽団の新作で、2014年10月に行われた第109回定期のライブ録音となっている。プログラムは音楽監督である宮川彬良の作・編曲を中心としており、特筆すべきは映画「宇宙戦艦ヤマト2199」の劇中曲を集めたところだろう。1974年に放送された「宇宙戦艦ヤマト」オリジナル楽曲に加え、新作のために書き下ろされた新曲も演奏し、宮川 泰・宮川彬良親子作品の集大成といえる内容になっている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

3月16日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
ピアニスト中村紘子が約1ヶ月半ぶりにステージに復帰
新国立劇場「マノン・レスコー」開幕間近 震災時のキャスト・スタッフによる情熱の復活公演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP