ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「3.11」に奮い立ってほしい、福島県出身の野球人たち~今もなお続ける地道な活動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あの震災から今日11日で丸4年。昨日、今日と東日本大震災復興支援試合・侍ジャパンvs欧州選抜が行われるなど、球界としても震災を風化させない取組みを続けている。

 選手やOB個人としても、さまざまな義援活動に取り組む例は多い。中でも、いまだ原発事故による風評被害とも戦う福島県ゆかりの野球人たちは、今日という日に対する思いも強いのではないだろうか。

 代表例はDeNAの中畑清監督(福島県西白河郡矢吹町出身)。昨日10日の侍ジャパンvs欧州選抜のテレビ中継ではスペシャルゲストとして出演した。開幕前の大事な時期ではあるものの、「(福島県出身の)自分が協力することで、少しでも野球ファンが喜んでくれたら」と、球団に特別に許可をもらっての参加となった。

 昨季、通算200盗塁を達成した鈴木尚広(巨人)は福島県相馬市出身。37歳となる新シーズンも、長野五輪スピードスケート金メダリストの清水宏保氏からロケットスタートを学ぶことで、更なる進化を目指している。そんな特訓の合間を縫って、地元相馬署の一日署長を務めるなど、地元ファンを励ます活動にも余念がない。

 昨年12月、楽天球団の支援で福島県相馬市にテント型施設「相馬こどもドーム」が新設された。完成披露イベントには岡島豪郎、則本昂大とともに福島県いわき市出身の内田靖人(楽天)が参加。地元の幼稚園児や小学生ら約120人と触れ合った。今季から捕手ではなく内野手登録に変更となった内田にとって、地元で決意を新たにする絶好の舞台になったはずだ。

 昨年12月6日に福島市で開催されたNPB東日本大震災復興支援事業「ベースボールフェスタin福島」。このイベントで内田とともに選手宣誓を務めたのが、福島県いわき市出身の園部聡(オリックス)だ。

 高校時代から悩まされていた右ヒジを8月に手術し、試合に出場できない長期離脱が確定的、という理由があったとしても、形として高卒1年目のオフに戦力外通告を受けたことは激動のルーキーイヤーだったに違いない。高校日本代表でクリーンナップを務めた男としては、このままで終わる訳にはいかない。様々な経験を糧に、オリックスではT-岡田と並び立つような和製大砲になってほしい。

 県出身選手はないが、福島屈指の強豪校・聖光学院で青春時代を過ごしたのが阪神の歳内宏明だ。歳内の出身は兵庫県で1993年に生まれた。つまり、彼は少年時代に阪神・淡路大震災、高校3年時に東日本大震災と、二度の大震災を経験している。それだけに、被災した子どもたちに何かをしたい、という思いが人一倍強い。いつか甲子園球場に子どもたちを招待できる「歳内シート」を設置したいという目標成就のため、まずは1軍定着を狙うシーズンとなる。

 楽天がドーム施設を寄贈したように、原発事故の影響もあって、福島県では屋外での運動や遊びそのものが懸念される場合もある。子どもにとって、自由に外で活動できないことほどフラストレーションが溜まるものはないはずだ。だからこそ、県出身の選手たちは、そのプレーでもって、子どもたちに大いなる希望を与えてほしい。その姿を見た子どもたちの中から、将来のスーパースターが生まれたら、これほど素晴らしいことはない。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、センバツ開幕直前に日本一可愛い高校野球マニア・乃木坂46の衛藤美彩さんが登場! 甲子園バックネット裏の住人ことラガーさん現地レポートもやります!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』でも、センバツ甲子園に出場する注目選手を詳しく解説! この選手名鑑は『週刊野球太郎 for ドコモSPモード』内にも新メニューとして追加しました!

 現在発売中の『野球太郎』の選手名鑑に続き、『野球太郎No.014』が3月18日に発売します。特集は『オレに訊くな!』、タブーや想定外の質問をあえてぶつける挑戦的な企画です。中田翔(日本ハム)が不敵な笑みを浮かべた質問とは? 張本勲氏から「あっぱれ」をもらったテーマとは? 発売日をお楽しみに!

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
今季注目の「モノノフ野球選手」
野球選手とバッティングセンター
ムネリンのライバルとなる選手たち

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP