ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNS的な要素を含んだAndroid向けパズルゲーム「スケルトンパズル道」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ナンプレクライマー」や「スリザーランナー」など複数のパズルゲームを提供しているカサハランさんから、新しいパズルゲーム「スケルトンパズル道」がリリースされました。アプリは無料で利用できます。このゲームは「スケルトン」と呼ばれるパズルを解いていくゲームです。クロスワードパズルみたいな感覚でマスに各問題で用意されたキーワードをうまく組み合わせて埋めていきパズルを完成させます。問題はマスのサイズごとに 100 問、1,000 問、3,000 問の計 4,300 問を収録。「今日の問題」もあるので継続しやすい内容です。問題は「野菜」や「花」といった日常生活の中で目にするものを採用しているので、パズルを解いていく過程でそれらの名前を覚えることにも役立つと思います。問題数はかなり多く、一つの問題をクリアするのにも結構時間がかかるのですが、アプリにはセーブ機能があるので解いている間に前の画面に戻るとそれまでの状態を保存できます。あとから再開することも容易です。このアプリの特徴は問題数の多さに加え、SNS 機能を盛り込んだところです。こういうパズルアプリは解いて終わりというものが多く、一般的に継続性に欠けます。それをスケルトンパズル道では、オプションでアバターを作成して公開したり、報酬のような機能を持たせることで、みんなと問題を解決しているようなアプリに仕上がっています。アバターを公開すると言っても外観と名前だけなので、気分的には楽です。それでいて他のユーザーとのつながりを感じられます。「スケルトンパズル道」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
SanDiskの200GB Micro SDXCカードは64GBや128GBをサポートしている端末で利用できるはず
Nexus 4にAndroid 5.1が早速移植される
GoogleはAndroidネイティブのマルチウィンドウ機能を実装中? AOSPへのコミットがそれを示唆

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP