ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パ・リーグ予測 打力のSBと投手力のオリックスの一騎打ちか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オープン戦たけなわでいよいよ開幕が近づいてきたプロ野球。ペナントレースの行方はどうなるのか。

 国内移籍した外国人が多いのが今季の特徴。ロペス(巨人→横浜)やバリントン(広島→オリックス)、ブランコ(横浜→オリックス)、ミコライオ(広島→楽天)が注目される。

「新外国人では150キロ右腕の李大恩(ロッテ)や、韓国リーグの最多奪三振と最優秀防御率のバンデンハーク(ソフトバンク=SB)など。もちろん、メジャー帰りの黒田博樹(広島)と松坂大輔(SB)も期待されているし、中島裕之(オリックス)にもファンの視線が集まる。FA組ではヤクルトの成瀬(ロッテ)と大引啓次(日本ハム)、巨人の相川亮二(ヤクルト)の与える影響が注目されます」(担当記者)

 パ・リーグのデータを見てみよう。『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)など、野球データ関連の著作が多いライター・広尾晃氏が、グラウンド上のプレーを様々な視点から集計して数値化する指標「セイバーメトリクス」を算出。

 それを基にすると、パ・リーグでは打撃で昨季に続いてSBが最高点をマークし、投手力ではオリックスが最高点をキープ。総合力ではオリックスとSBが抜けており、今季もこの2強の戦いになりそうだ。

「オリックスの大補強が目立ちますが、打線はSBの優位が揺るがず、投手力のオリックスとの一騎打ちになるでしょう。優勝争いに割り込んでくるチームを敢えて挙げるとすれば、総合力では落ちるものの、打撃力のある西武です」(広尾氏)

 注目の二刀流・大谷翔平は投打両部門で伸びが見込まれるが、日本ハムはBクラスに甘んじている。

 投手力ではミコライオが加入した楽天がSBの投手力に匹敵する評価となっているのがポイント。打線が頼りないものの、堅守で上位に食い込む可能性はある。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
オリックス 他球団のリストラ選手寄せ集めで快進撃続く裏側
SB松坂大輔 勝利数の目標明言せずも200イニングを目指す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP