ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柳楽優弥 理想の自分に全く近付けず食に走った過去明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 キリッと上がった目力の強い少年が、上半身裸で物憂げに視線を落とす──映画『誰も知らない』での鮮烈なデビュー、カンヌ国際映画祭・男優賞受賞から10年。14才にして役者として認められた柳楽優弥(24才)だが、この10年の間には、多くの壁にぶつかっていた。それを乗り越え、いま立て続けに作品に出演する彼の素顔に迫る──。

 ドラマ『まっしろ』(TBS系、毎週火曜22時~)ではアメリカ帰りの医師、次クールのNHK連続テレビ小説『まれ』ではスローライフを愛して働きたい時だけ働くイマドキの若者と、振り幅の大きい役どころをほぼ同時期に演じることになる。

「初めて作品が重なるんです。作品で相手役の女優さんが変わるから、切り替え自体は割と楽ですよ」

 俳優・柳楽優弥はストイックで神経質な役が多い、鋭いイメージ。だが実際はボソボソッと話し、イメージとはちょっと異なるが…。

「いろんなことに興味がある好奇心旺盛なタイプ。無駄なこと話してる暇があったら何かやりたいなって思っちゃうんです(笑い)」

 目力の強さはデビュー当時と変わらない。若くして大業をなしたが、平坦な道だったはずはない。

「14、5才から、“10代でこのままいったらおれ、ダメな人間になる”って思ったんです。悩んだ末に、いろいろな世界を見てみたくてバイトを始めました。車のディーラーやら飲食店の店員やら。今、その時の経験が大いに役立ってますね。全く後悔はないけど、反省点は山ほどあります。食べすぎて太っちゃったりとか(笑い)。理想の自分に全く近付けないことにイライラして、完全に食に走りましたね。でも家族のサポートもあって、ダイエットにも成功したんです」

 19才で結婚し、長女はもう4才になる。

「娘の運動会に行ったら、パパの競争がありますからね。“おれが競争する時は、意地でも他のパパに負けない”って。いちばん若いから、絶対負けられないって思って」

 大きな目を見開いて話してくれる意外な姿に感動しつつ、今後は“奮闘パパ役”にも期待大だ。

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「できすぎたシングルファーザー」松平健にパパ友もつい反省
話題の冷やし麺 「すだちそば」「パイナップルラーメン」
ドリアン助川がバカボンのパパを通して老子の教え実践する書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP