ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Wearは今後のアップデートでWi-Fiや腕振りジェスチャーによる通知などのスクロールに対応するらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wear が今後予定されているファームウェアアップデートで、Wi-Fi を利用することや新たなジェスチャー操作に対応すると、海外の WEB サイト The Verge が独自に得た情報を基に伝えました。どの筋の情報なのかは明らかにされていません。Android Wear スマートウォッチの既存モデルは既に Wi-Fi チップを内蔵しているものの、ファームウェアが対応していない、あるいは機能が無効にされていることから、現状では利用できません。それが利用できるようになり、単独でインターネットに接続し、スマートフォンと離れすぎて Bluetooth を利用できない場合でも通知を受信したり、Google Now を実行できると説明されています。ジェスチャー機能については、装着した側の腕振りだけで通知や Google Now カードをスクロールすることが可能になるそうです。このほか、Android Wear アプリやコンタクトへのアクセス性の改善を含む UI の調整も行われているらしい。次のアップデートというのは、「Android 5.1」への OS バージョンアップ時ということなのでしょうか。Source : The Verge


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、4月に「P8」 発表会の開催を告知、ティザー画像も公開
Opera、Android版「Opera ブラウザ v28」を正式リリース
技術者向け Android 5.0.2からAndroid 5.1へのChangeLogが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP