ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋がうまくいかない人は「マーケティング力」を恋愛に活かしてみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


仕事に夢中になっていたら、いつの間にか男が寄ってこない。仕事は順調だけど、婚活はうまくいかない…と嘆いている頑張りやのそこの女子ッ!
仕事と同じように、男の人に自分を戦略的に売り込んでみませんか?

婚活=自分を売り込む「営業」

次の誕生日までに結婚する!方法 「90日婚活メソッド」で理想の夫を手に入れる!』(マガジンハウス)にはこんな手法が紹介されていました。

「婚活は人生最大の営業です」
「自分を商品とみなして、マーケティングの手法にのっとって売り出せば、『私』という商品を買いたい人がいるんじゃないの?」
(本文より抜粋)

ただ「買ってくださ~い♡」だけじゃ商品(自分)が売れないのは言われてみれば当然ッ!
ボンヤリと買ってくれる殿方を待ってるうちに、いい女が熟しきってしまいますね。相手を見つけるには、仕事のように売りたい相手を絞ったり、市場調査が必要なのかもしれません。

まずは「理想の男子」をターゲティング

「結婚相手のターゲットがどこに生息しているかを検討、まずはその場に自分の身を置いてみよう。商品(あなた)がどんなに素敵でも、顧客(ターゲット)の目に触れなければ売れません!」
(本文より抜粋)

「いい人がいれば…」というぬるい気持ちでいては、理想の男子はゲットできません。
自分磨きはもちろん必要ですが、誘われるままに合コンや飲み会にフラフラついていくよりも、ターゲットを絞って効率よく婚活をすすめましょう。
合コン後の反省点&次回への改善点なども自分で把握して次回に活かせばバッチリ(あくまで仕事の進めかたとしてはですが)。
ほかにも「営業会話テクニック」「ブランディング」など、自分を売り込むための様々な手法が紹介されている本書。
仕事で昔マーケティングをやっていた私も面白く読めました。マーケティング脳に浸され気味の仕事好き女子に読んでほしい1冊です。
photo by Thinkstock/Getty Images


(グリッティ)記事関連リンク
「モテそうだよね」と言われるのに、実際はモテない3つの理由
いますぐチェック! 男性が「この子とは遊びだな」と決める根拠
1週間から行ける、「プチ留学」で恋と自分探しの旅へ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP