ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平成琴姫、ワンマンライブで念願の海外進出を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大正琴をリニューアルして作られたオリジナル楽器「平成琴」を使ってパフォーマンスする沙月美祐、かとう唯、桃屋マミの3人組アイドル平成琴姫が、3月8日に新宿ReNYでワンマンライブ“夢見月・春一番”を開催した。

冷たい小雨模様の当日だったが、ライブはタイトル通り春らしく大正琴の「さくらさくら」でおごそかにスタートし、2曲目の「千本桜」以降は大太鼓、サックス、トランペットを含むバンド編成での終始迫力あるライブが展開。生のバンドに琴を弾きながらダンスをするという平成琴姫にしか出来ない唯一無二のステージに「こんなに人が来るとおもってなかった!」と桃屋が驚くほど大勢の衛兵(平成琴姫ファン)達がフロアーを埋め、会場は前半から熱い一体感に包まれた。

中盤ではステージ後方のスクリーンにメンバーそれぞれの自己紹介映像が流され「今年は白い可愛い衣装を着て踊りたいです」と沙月が今年の抱負を語り終えると、その白い衣装に身を包んだ3人が登場し「Flower Story」と「LOVE Magic~恋の魔法~」の2曲を披露。普段着物をアレンジした和風衣装がトレードマークとなっている彼女達の白い洋風衣装にファンは「この衣装いいっしょ!」といつもならスルーする、かとう唯のダジャレにまで歓声が上がるほどの驚きぶりだった。

その後いつもの和風衣装に戻したメンバーは2月に発売になった最新シングル「乙女革命」と毎回違うメンバーが曲中に恋文を読み上げるという初披露の新曲「恋文」をCD音源バージョンでパフォーマンス。後半は和太鼓がフィーチャーされたスペシャルバージョンの「琴姫ワッショイ音頭!」からメンバーに合わせて観客もフロアー移動する「メロディ」、タオルを回す「真夏のシャボン玉」と鉄板の盛り上げ曲が続き会場のボルテージもマックスに達した。

ワンマンという事で楽しい演出が盛りだくさんのライブだったが、アンコール前には「乙女革命」のMVを撮影したいわき市の勿来の関吹風殿で4月に開催する平成琴姫3周年Live、5月の初大阪ワンマン、更に7月にロンドンで開かれる「HYPER JAPAN Festival 2015」への参加も発表。メンバー念願の海外進出を知り大歓声に包まれた会場だったが最後のサプライズで加藤唯が、「かとう唯」に名前の表記を変えるという落ちの様な発表には大爆笑。「こっちの方が芸能人ぽくないですか」という加藤に「だったら、かとう☆唯にすれば」と沙月に返されメンバーにまで突っ込まれる始末だった。しかしアンコールで「乙女革命」「メロディ」のバンドバージョンがパフォーマンスされると、衛兵達のサプライズ演出で緑のサイリウムが一斉に焚かれ、最後は感動的で美しい光景の中ワンマンライブは締めくくられた。

平成琴を武器に年間300本ペースのライブを行うなどアイドルシーンで独自の活動を行って来た平成琴姫。初の海外進出も決まり飛躍の時期を迎えた彼女達が今年どんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

TEXT:山村哲也

【セットリスト】
M1. さくらさくら
M2. 千本桜
M3. Drakness~心の闇
M4. LonlyEnd~儚い夢
M5. 銀河の一生タイム!
M6. フェアリーテイル
M7. あいうえお
M8. ひまわり
M9. Chance!~心の光
M10. Flwer Story
M11. LOVE Magic~恋の魔法
M12. BAND曲
M13. 乙女革命
M14. 恋文
M15. 琴姫ワッショイ音頭!
M16. メロディ
M17. 真夏のシャボン玉
M18. 春一番!
<ENCORE>
EN1. 乙女革命
EN2. メロディ

【ライブスケジュール】
『平成琴姫3周年「吹風殿」Live』
4月05日(日) 福島県いわき市:勿来の関公園 吹風殿

『平成琴姫ワンマン』
5月24日(日) 大阪Ash

『HYPER JAPAN Festival 2015』
7月10日(金)、11日(土)、12日(日) ロンドン

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
平成琴姫 オフィシャルHP
小西康陽、徳間ジャパン50年の歴史をまとめたコンピレーションを3枚同時リリース

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP