ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、Bluetooth Low Energyを利用したスマートフォン同士の通信技術と多言語に対応した緊急速報「エリアメール」の試作アプリを開発したと発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモが Bluetooth Low Energy(BLE)を利用したスマートフォン同士の通信技術と多言語に対応した緊急速報「エリアメール」の試作アプリを開発したと発表しました。最初の BLE を活用した通信技術は、携帯電波や Wi-Fi の電波が掴めなくてもスマートフォン同士で通話やアプリによる通信を可能にするものです。メッシュネットワークを消費電力の低い BLE で実現した点がポイントで、特に、災害発生時に携帯電波が掴めなくても Bluetooth 電波の届く範囲であれば別のスマートフォンと直接通信したり、接続先にスマートフォンが携帯電波を掴める場合にはそのスマートフォンを介してインターネットにアクセスすることも可能になります。この技術は今後 SDK としてアプリ開発者向けに公開されるほか、同社では災害安否情報登録サービスで実用化を目指すとしています。対応機種は Android 5.0 以上と iOS 7.0 以上としています。次のエリアメールの多言語対応化については、これまでは日本語にしか対応していなかったものを新たに英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の5か国語に対応させたというものです。これで気象庁より発表される緊急地震速報や津波警報をサポート言語で即時受信できるようになります。アプリの公開時期は明らかにされていません。Source : NTTドコモ(1)(2


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、プリペイドプランで利用できるLTEスマートフォン「ZTE Blade Q+」を発表、4月以降に発売
Sony、「NW-ZX2」のVer 1.01アップデートを配信開始
ASUS、日本でも「ZenFone 2」の発売イベントを開催する予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP