ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、プリペイドプランで利用できるLTEスマートフォン「ZTE Blade Q+」を発表、4月以降に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 3 月 10 日、プリペイドプラン「シンプルスタイル」で利用できる LTE 対応スマートフォン「ZTE BLADE Q+」を 4 月以降に発売すると発表しました。Balde Q+ は、4.5 インチ FWVGA の液晶ディスプレイや Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載した小型エントリーモデル。プリペイド端末ながらも FDD-LTE と AXGP 方式の LTE データ通信に対応しています。おサイフケータイやワンセグなどの国内定番機能は非サポートです。シンプルスタイルは事前に購入したプランの日数分だけサービスを利用できるプリペイドプランのことで、基本使用料はかかりません。提供プランは、2 日プラン(900 円)、7 日プラン(2,700 円)、30 日プラン(4,980 円)。このほか、1GB RAM、8GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、WCDMA(900 / 2100MHz)、FDD-LTE(900 / 1700 / 2100MHz)、AXGP 2600MHz に対応しています。筐体サイズは 132 x 67 × 10mm、質量は 139g です。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、「NW-ZX2」のVer 1.01アップデートを配信開始
ASUS、日本でも「ZenFone 2」の発売イベントを開催する予定
Lollipop端末ではナビゲーションバーのスワイプ操作でChromeのタブ間を移動可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP