ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平井堅、「Ken’s Bar 2014 Winter」をWOWOWで放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1998年に始まった平井堅のコンセプトライブ「Ken’s Bar」。2014年冬、マリンメッセ福岡での開店となった「Ken’s Bar 2014 Winter」の模様を3月15日にWOWOWで放送する。

アリーナ前方のテーブル席がBarの雰囲気を作り、クリスマスツリーをオマージュしたステージと相まって、ドリンク片手のオーディエンスで埋め尽くされた会場は、開演前から優しい空気が流れていた。

2部構成のファーストステージのオープニング曲、アカペラでの「Let it snow! Let it snow! Let it snow!」で一気にクリスマスムードとなり、会場は心地よい暖かさに包まれた。ピアノをバックにした2曲目の「僕は君に恋をする」では、ブルーとグリーンに揺らめく明かりと、甘く、そして力強い歌声に、誰もが幸福感に満ちた表情に。

「メリークリスマス!」のひと言から始まったトークは、本人は「ダダすべりだった」と振り返るも、平井堅の人柄そのままの優しさがあふれていた。3年ぶりの福岡でのホーリィでラブリィでスイートなクリスマス・イヴ前夜は、優しく進んでゆく。「グロテスク」はギター1本の新たなアレンジで歌い上げ、2015年1月公開された映画『ANNIE/アニー』の日本版主題歌「Tomorrow」はピアノをバックに切ないトーンで聞かせてくれた。さらに、平井堅42年の人生の中で受けた整理のつかない死別にキチンとサヨナラが言えるようにと書き上げたという「残響」も、会場のオーディエンスの心に深く響いていた。

そして、平井曰く「ひょっとしたらキャリアで最後かもしれない、初のクリスマスカラーのインド人コスプレ」の早着替えに挑戦し歌った「ソレデモシタイ」。アップテンポな曲調に加え、インド人ダンサーと共に見事なダンスも披露して会場を盛り上げた。

インターバルを挟んだセカンドステージでは白いスーツに身を包み、「思いがかさなるその前に・・・」。圧倒的な声量で、会場全体を一瞬で平井ワールドへと誘っていた。そして2014年、平井堅の胸に一番刺さったという、米津玄師の「アイネクライネ」を情感たっぷりに歌い後半戦は加速。ピアノ、ギター、ウッドベース、パーカッションというバッキングで「告白」を憂いを込めて歌い上げ、一転、「世界で一番君が好き?」では振り付きでリズミカルにオーディエンスを乗せていく。「POP STAR」に突入した時には盛り上がりも最高潮を迎え、会場は総立ちとなった。と思いきや、まさかの本人希望による「世界で一番君が好き?」の歌い直し。

「これもキャリア初だと思うんですけど、1曲歌い切って、その後の曲も歌ったあとに、やり直しました。無茶苦茶になったテイクと、丸々歌い直したテイクの両方が放送されますので、その辺をライブ感として楽しんでいただければと思います。人ってパニックになるとこんなふうになるんだなというのが如実にわかると思います!」

随所に平井堅のこだわりと哲学、そして、チャレンジとハプニングで沸いた極上の一夜「Ken’s Bar 2014 Winter」は、3月15日にWOWOWライブで放送される。また、記念すべき15周年を迎えた2013年のKen’s Barから、クリスマス・イヴに行われた横浜アリーナの公演も同日オンエアされる。

番組情報
「平井堅 Ken’s Bar 2014 Winter」
WOWOWライブ
3月15日(日)21:00

「平井堅 Ken’s Bar 15th Anniversary Special!」
WOWOWライブ
3月15日(日)19:00

関連リンク

平井堅 official web site:http://www.pinups.co.jp/hirai/
■Ken’s Bar 15th Anniversaryhttp://www.kenhirai.net/bar/
平井堅 YouTube Official Channelhttps://www.youtube.com/channel/UCtwtMDxG0n0Yd0qds38ff0Q

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP