ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ぶっちゃけ」が口癖の人は聞き上手でムードメーカータイプ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“癖”という字がつくからか、口癖は直すものと思いがちだが、どの口癖がいい・悪いはないと解説するのは、犯罪心理学の専門家・出口保行さん。多種多様な犯罪者と接したことで、人には必ず口癖があり、それがその人の性格を表すことに気づいたのだそう。

「例えば、活動性が高くて、どんどん仕事をこなす人は、裏を返せば思いつきで行動し、熟知に欠けている人ともいえます。このように、口癖からわかる性格には、長所もあれば短所もあるということです」(出口さん)

 こうした性格の表裏を利用して、犯罪者の犯罪動機を説明する時には性格の短所を、更生を促す時には長所を本人に伝えて自信を持たせる、という指導をしてきた出口さん。

「口癖に、表と裏があることをわかっていれば、その人の特性を社会の中で生かすことができるのです」(出口さん)

 そんな出口さんに口癖でわかる2つのタイプを教えてもらった。

■「ぶっちゃけ」「なにげに」「そうそう」…おおざっぱ型

「ぶっちゃけ」のほか、「なるほど」「ざっくり」「ばっちり」「とりあえず」など、おおざっぱな受け答えをするのが特徴。

 人当たりがよく、合いの手を入れるタイミングがうまいので、聞き上手なイメージがあり、相手もついついそれにのって答えてしまうことが多いようです。いつも元気でその場を明るくしてくれるムードメーカーでもあります。

 しかし、勢いでその場を乗り切ろうとする調子良さから、大切な相談となると、このタイプは避けられがちです。

■「だから」「逆にいうと」「つまり」…押しつけ型

「だから」と強く出たり、「要するに」「いわゆる」「確かに」「もちろん」など、明確な根拠をもとに相手を納得させるのが得意。また、人を仕切ってまとめる能力に優れているので、社会で成功している人が多いのもこのタイプ。

 しかし、柔軟性に乏しく、自己顕示欲の強さから、自分の考えを相手に押しつけようとする傾向があります。また、自分の考えや意見に自己陶酔しやすい一面もあるので、時として鼻持ちならない感じがしてしまうこともあります。

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
口癖で性格診断 「いや」「でも」など否定語使いは自己主張型
矢口真里 夏バテ回避に辛いもの食べ汗かくという裏ワザ使う
坂口憲二が九十九里に一戸建て購入 桜井裕美との結婚間近か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP