ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

二重まぶたで彫りが深い人はしみができやすい? ポーラが研究結果を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

女性なら、肌のコンディションが気になるのは当たり前。吹き出物やしみができたら、ショックですよね。

大手化粧品メーカーのポーラ(POLA)が興味深い研究結果を発表しています。
研究によると、二重まぶたで彫りが深い方は、しみができやすくなる傾向が見られるのだそう。
遺伝子学的に見て、日本人は北方から来た弥生人(彫りが浅く、一重まぶたの人が多い)、縄文人(彫りが深く二重まぶたの人が多い)に大別できると言われています。

同社は、紫外線量が少ない秋田県の20代~50代の女性211人を対象に、顔のシミの数について調査を行ったところ、「二重まぶたで彫りが深い」「耳垢が湿っている」「髪にくせがある」人に、シミが多かったとしています。

これらの身体的特徴は、遺伝子によって決定づけられるものです。
サンプル数が211人と少ないので、はっきりしたことは言えませんが、一定の傾向を示していると見てよいかもしれません。
紫外線を浴び続けることは、しみなどの肌トラブルだけでなく、皮膚がんなどの疾病を招くことにもなりえます。

基礎化粧品などでケアをされる女性の方も多いですが、まずは、日差しの強さを感じなくても日焼け止めなどのケアを行って、紫外線をブロックするのが効果的です。
紫外線は、春先から浴びる量が増えていきます。今のうちから対策を行って、良い肌の状態を保てたらいいですね。

縄文人はシミのリスクが高い肌であった可能性が判明 (ポーラ・オルビスホールディングス PDF)
http://www.pola.co.jp/company/pressrelease/pdf/2015/po20150309_2.pdf [リンク]

※写真はイメージ 足成 http://www.ashinari.com/2012/09/27-370772.php?category=265 から

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP