ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【引き寄せの法則】夢を叶える人たちがやっている、「12の習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「引き寄せの法則」という言葉をご存知だろうか。少し前から本やインターネットで話題になっている「自らが強く信じ込むことによって、その思想が現実化する」という考え方だ。どんなに大きい夢でも、達成困難に見える目標でも、まずは「絶対にできる!」「やるぞ!」と信じるところから。

今回は、夢を叶えるために毎日ちょっとずつ意識してみたい「12のコト」を紹介したい。

01.
とにかくひたすら
ポジティブに振る舞う

最初は空元気だっていい。とにかく明るく笑顔で毎日を過ごしてみよう。誰だって、しかめっ面の人よりも、笑顔の人に話しかけたい。ほら、そこからチャンスが生まれるかもしれないでしょ?

02.
誰かのマネじゃない
本当の自分でいる

ロールモデルを持つことはいいことだけど、全て受け売りになってしまうのは考えもの。誰かが「いい」っていう夢やポリシーより、自分が「いい」って思うものを追いかけたい。

03.
人にもモノにも
たくさん感謝する

家族、友人、恋人、同僚、上司、親切にしてくれた見知らぬ人、家、仕事、食べ物、洋服・・・全部、当たり前だと思ってしまってはダメ。

04.
ヒラメキを大切に
直感に従う

私たち人間にも、動物的なカンってきっとあるから。うまく理由は説明できなくても「これをやるべき」って心から思うことがあるなら、思い切って挑戦してみよう。

05.
みんながいるから頑張れる
心強い応援団をつくる

本当に信頼できる人たちに、自分の夢をちゃんと語ろう。行き詰まっているとき、諦めてしまいそうなとき、きっと背中を押してくれるはず。あれだけアツく語っちゃったから頑張らないと・・・!とガッツも湧いてくるはず。

06.
ネガティブ・ワード
でも・ムリ・どうせを言わない

言葉の力って、思っているよりもずっと大きい。ネガティブな発言を繰り返す人に、何かを任せたいとは思えないもの。せっかくのチャンスを逃さないように、今日から気をつけてみては。

07.
失敗は付きもの
責任は自分でとる

新しいことや難しいことをするのだから、失敗して当たり前。そこから何かを学び取って、何度だって挑戦すればいい。大事なのは失敗を人のせいにはしないこと。そこを徹底している人には、運は味方してくれる。

08.
心配やストレスは
楽しみながら攻略する

心配なことがあるなら、それを取り除くにはどうすればいいか考えよう。一歩引いて、他人事のように捉えたり、あえてゲーム感覚にしてみるのも手。見事どん底ステージをクリアできたら、アナタの勝ち。

09.
学校だけじゃない
世界中を自分の教室にする

勉強は学校や本でするものだと思い込んでない?料理も、掃除や洗濯も、同僚との飲み会も、日々のデータ入力も、「新しいことを発見するぞ!」と決めて、いつもとちょっと視点を変えたら、たちまち学びの宝庫に。

10.
誰もがみんなオンリーワン
いいとこ探しのプロになる

初めて会う人を前にして、アナタは「わぁ、服のセンスが全然ない・・・」と思う?それとも「口角がずっと上がっていて感じが良いな」と思う?できることなら、いつも後者でありたいところ。人のいいところを見つけられる人の周りには、味方や仲間になってくれる人もきっと多いはずだから。

11.
諦めたら試合終了
粘り強くあれ!

夢を叶えられる人の多くは、普通の人が諦めてしまうところで諦めなかった人。どんなに壁が高くても、信じれば信じるほどチャンスはやってくる。

12.
前に進み続ける姿で
勇気を与える存在になる

まだ夢を叶える段階にはなくても、夢に向かってまっすぐに進んでいる人は、少なからず周りの人に良いエネルギーを送っている。アナタが挑戦する姿で、アナタの大切な人や、まだ見ぬ仲間たちに夢を与え続けらえる人になろう。

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

関連記事リンク(外部サイト)

思っている以上に、自分が幸せだと気づかせてくれる「9つの意外なサイン」
3つ当てはまったら要注意。考えすぎる人が陥るネガティブな「11の思考」
社会人3年目のあなたへ。人生をゼロから見つめ直す「11の質問」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP