ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android新バージョン「Android 5.1(Lollipop)」を正式発表、マルチSIM端末のサポート改善、キルスイッチ機能の実装、HD Voiceをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 3 月 9 日(現地時間)、Android の新バージョンとなる「Android 5.1」を正式に発表しました。Android 5.1 は Lollipop のマイナーアップデート版で、Google は発表の中で、パフォーマンスや安定性の向上をメインに行い、マルチ SIM カード端末や端末保護機能(キルスイッチのことです)、対応機種のみですが、HD Voice のサポートなど、いくつかの新機能を追加したと述べています。端末の保護機能というのは、もしスマートフォン・タブレットが盗まれたとして不正に設定の初期化やファクトリーリセットが行われた場合でも、自分の Google アカウントでログインしないと利用を開始できないようにすることです。この機能は Nexus 6 と Nexus 9 のほか、Android 5.1 を搭載して発売される機種のほとんどで利用できます。HD Voice は対応機種同士の通話で従来よりもクリアな音質で会話できるようにするものです。このほか、QuickSettings パネルから Wi-Fi アクセスポイントと Bluetooth 機器をダイレクトに切り替えることも可能になりました。Android 5.1では通知モードの終了時刻にダウンタイムまたはアラーム時刻が選択可能Android 5.1ではSIMカードによって電話アプリのテーマカラーを変更できる模様Android 5.1でQuickSettingsパネルの挙動が変わる、動的に現れるスイッチの非表示やスワイプアップでのロック画面の解除が可能にAndroid 5.1で便利になったQuickSettingsパネルのWi-FiとBluetoothスイッチの動作映像Source : Android Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Nexus 5 / Nexus 10 / Nexus 7 2012 Wi-Fi向けにAndroid 5.1(LMY47D)のファクトリーイメージを公開
Google、Apple Watch発表前にAndroid Wearの新CM動画を公開
ZenFone 2 4GB RAMモデルのAntutuスコアが判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP