ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『後妻業』作者 いかにも財産狙いの女に男が騙される理由解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫や交際相手に次々と青酸化合物をのませて殺害し、多額の遺産や保険金を手にしていたとされる筧千佐子容疑者(68才)。妻と離婚や死別した高齢男性と結婚し、亡くなった後に多額の保険金や遺産という“報酬”を堂々と受け取る後妻業を生業にしていた。

 この事件をまさに「予言していた」として話題を集めたのが、昨夏に出版された小説『後妻業』(文藝春秋刊)だ。著者で直木賞作家の黒川博行さんが言う。

「『後妻業』で描いたエピソードは、実際に私の知り合いに起こったことです。その知り合いが『後妻業』という言葉を使っていたので、そのまま題名にしました。

 筧容疑者のように刑事罰に処されなくとも、高齢の夫の死を待って遺産をしっかりともらう女性たちを“消極的後妻業”と名づけました。そうした女性は数多くいるでしょう。ただ、事件として取り上げられることがないだけなんです」

 あなたの父親、そしてあなたの夫だって、この恐るべき生業の“餌食”にならないとは限らないのだ。

 黒川さんは「後妻業にとって、パーティーやサイトなど婚活交流の場ほど“絶好の釣り場はない”」と言う。

「婚活サイトでは、登録者は年収や住所、年齢、家族関係など個人情報を明かす。もらえる年金額が充分にあるとか、遠方に住むひとり息子しかいないから再婚に反対される心配がないとか、高級住宅街の一戸建てに住んでいるから土地持ちとか、あらゆるデータが丸わかりです。カモがネギをしょってくるようなものでしょう」

 なぜ“いかにも財産目当て”の女性にいとも簡単に騙されてしまうのか。黒川さんが言う。

「男というのは都合のいいことしか考えられない生き物なんです。自分より10も20も年下の女性が寄ってくると“おれはモテる”と勘違いしてしまう。

 さらに、たとえ変だと気づいていても“それでもかまわない”という気持ちになる。自分をないがしろにする子供たちに比べたら、自分を好きだと言ってくれて一緒にご飯を食べてくれて、夜の相手もしてくれる女性のほうがずっといい。

 だから“死んだらどうせお金は使えない。それなら、こいつに残してやろう”と思ってしまうんですね」

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香山リカが東京五輪開催される7年後の自分へ宛てた手紙
YOU 同居していたDragon Ashダンサーの恋人と破局
血液型研究家が矢口真里の離婚を血液型で検証「当然の生理」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP