ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡田彰布氏が野球カード述懐 パンチパーマは一流選手の証だ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今も人気のプロ野球カード(「カルビープロ野球チップス」のおまけ)には、知られざる秘密がたくさん。このほど刊行された週刊ポスト増刊『プロ野球&甲子園 甦る伝説』では、1970年代から現在までに発行された80枚以上の「お宝カード」を紹介している。実際の野球選手はカードをどう思っていたのか、阪神で活躍した岡田彰布氏に聞いた。

 * * *
 昔の野球カードを目にすると、懐かしいと思う半面、こんな時代もあったんやなァと苦笑いしてしまうわな。

 当時のことはよう覚えてないけど、ユニフォーム姿の写真は球団の許可が必要やし、試刷カードを見せてもらっていたと思う。カルビーの野球カードも自宅に送ってきてたんちゃうかな。野球カードになるということは一流選手の証みたいなもんやから、やっぱり嬉しかったがな。

 現役時代はもちろん、監督や評論家になっても、ファンが野球カードにサインを求めてくる。大切にしてくれているんやと思うと嬉しいもんやね。

 当時は野球選手いうたらパンチパーマ。これも一流選手の証やった。若い頃はカッコええと思っていたが、いま見るとやっぱり時代を感じるわ(苦笑)

 昔は野球選手にプライバシーもクソもなかったからなァ。カードの裏には個人情報もたっぷり載ってたで。打てんかったり、エラーしたりしたらボロクソに書かれた手紙が届いとったわ(笑い)。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
プロ野球カード ロッテの選手版が長らく作られなかった理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP