ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜ゴムがチェルシーと契約「70億円でも割に合うと判断」か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 飛ぶ鳥を落とす勢いだったサムスンが青息吐息だ。昨年末、電子書籍サービスや光ファイバー事業などから相次いで撤退し、ついには英サッカー・プレミアリーグの名門チーム「チェルシー」のユニフォームからも“撤退”したことが、「韓国の巨人」の落日を如実に物語っている。
 
 サムスンは2005年、チェルシーとスポンサー契約を結び、ユニフォームの胸に社名のロゴマークを入れた。それ以降、チェルシーの活躍に引っ張られるように、欧州市場でのシェアを急拡大していく。

 2005~2006年シーズン、チェルシーがリーグ優勝を遂げると、サムスンもイギリスでの携帯電話の売り上げを前年比で7割伸ばし、液晶テレビ販売台数も欧州でシェア1位に躍り出た。2011年の欧州での売り上げは2004年の3倍にまで跳ね上がる。そして2013年、米アップルを抜いて、スマホシェア世界第1位になった。
 
 ところがその後、売り上げの7割を占めていたスマホ事業が急失速する。2014年12月期のスマホ関連部門の営業利益は前年比で42%ダウン。全社の営業利益も前年の3兆6000億円から2兆5000億円へと1兆円以上も下落した。本誌前々号(3月6日号)では、苦境のサムスンが東京・六本木にある自社ビルを明け渡すことをスクープした。
 
 スポーツ部門も経営不振の煽りを受けた。20年以上続いた同社ラグビー部やサムスン証券のテニス部は解散。そして欧州での躍進の象徴だったチェルシーとの契約解除にも踏み切った。
 
 悲壮感漂うサムスンを横目に、2月26日、チェルシーとのスポンサー契約が明らかになったのは日本のタイヤメーカー大手「横浜ゴム」だった。
 
 横浜ゴムの2014年12月期決算は営業利益・純利益とも3年連続で過去最高を更新。なかでも海外での売り上げが伸びており、半分は海外で稼いでいる。チェルシーとの契約の内情を知る広告代理店関係者が明かす。
 
「昨年12月頃、チェルシーサイドから横浜ゴムに“スポンサー契約しないか”という話が持ちかけられた。年間契約額は60億~70億円程度と巨額。それでも、ユニフォームの胸にロゴを入れるだけでなく、ホームスタジアムの広告や自社のCMにチェルシーの選手を自由に起用できるなど包括的な契約なので、欧州や北米、アジアなどグローバルな事業展開を目指す横浜ゴムとしてはプレミアの強豪チームとのパートナーシップは割に合うと判断したようだ」
 
 ブリヂストン、ミシュラン、グッドイヤー、コンチネンタル……とタイヤ業界には強豪が居並ぶ。今季プレミアリーグで首位をひた走るチェルシーとともに横浜ゴムも成長ロードを走れるか。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大島美幸 韓国ドラマのぽっちゃりヒロインの濃厚キスがツボ
サムスン 長年の仇敵もいまや日本企業にとっては運命共同体
ギャラクシー・ショック サムスン業績不振で韓国経済ピンチ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP