ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新垣隆氏 大学時代は「新垣先生」というあだ名で呼ばれていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 佐村河内守氏(51)のゴーストライターであることを告白したあの会見から約1年。ピアニストで作曲家の新垣隆さん(44)が、初の自分名義となるクラシックCD『ロンド~珠玉のヴァイオリン名曲集』(3月11日発売)をリリースする。タッグを組むのは、新垣さんの桐朋学園大学在学時からの旧知の仲である、ヴァイオリニストの礒絵里子さん(42)だ。当サイトでは2人の関係、そしてCDに込めた思いを聞くべく2人に直撃した。

――騒動から1年、自分名義で音楽活動することに対しての意気込みは?

新垣:基本的には変わってはいないんですけども、多くのかたが見てくださっているというのは今までとは違うものという気がします。自分の表現として世に出せる、世に問うことができるというのは大変うれしくもあります。それが良いものでも悪いものでも、全部責任も負うんだという気持ちですね。

――アルバムはどんな作品に仕上がっていますか?

新垣:私は現代音楽の作曲家なのである意味、挑戦でした。19世紀のヨーロッパの香り豊かな文化への私からのオマージュになっています。

礒:100年後、200年後も演奏してもらえるようなマスターピースになっていると思います。

――ところで、学生時代はおふたり、どういう感じだったんですか?

礒:新垣さんは2才上なんですが、うちの学校は先輩とか後輩という上下関係が全くなくて“新垣先輩”とは呼ばなかったんです。でもあまりに優秀なことから“新垣先生”というのがあだ名(笑い)。昔から小さい声でぼそっと面白いことをいって笑わせてくれるような人でしたよ。

 一度、私がリハーサル前に楽器を忘れて、結果ものすごい遅刻をしたことがあったんですが、新垣さんは携帯を持っていらっしゃらなくて連絡の取りようがなかったんですね。で、到着して“ごめんなさい~!”って走って行ったら、怒りもせず、仲間と将棋をさして待っていてくれたことがあります(笑い)。

新垣:礒さんは今と変わらない人です。すごく明るい性格でお友達が多く、礒さんの周りに自然と輪ができてるという感じです。

――新垣さんにはヴァイオリニストの彼女がいたという報道がありましたが、それって…?

新垣:残念ながら、礒さんには当時すでに彼氏がいらっしゃいましたから。私にはとてもとても。先に取られちゃったという感じですね(笑い)。

――礒さんが中心となって、昨年6月に『新垣隆 with フレンズ』というコンサートを開いたそうですね。騒動中も、随分励まされたとか

新垣:とても励ましていただきました。普段いつも一緒にいるというわけではなく、機会があれば再会する…という繰り返しだったんですけども、こうして礒さんたちが助けてくれる形での再会っていうのはありがたかったです。

磯:最初は驚きました。新垣さんの会見はリアルタイムでは見られなかったんですが、一体どうなっちゃうのかなって…。でも、真摯に真実を述べて謝罪している姿がとても新垣さんらしくて印象的でした。これで音楽活動ができないのはおかしいって、私だけじゃなく、いろんなかたが思ったと思います。昨年6月のコンサートもうまくいきましたし、徐々に音楽活動も増えてきて、こうしてCDも出せてツアーができるというのもうれしいですね。

――昨年末には、『女性セブン』でファッションモデルに挑戦しましたが、その後、自分で服を買いに行くようになったり、おしゃれに気を使うようになりましたか?

新垣:いや…あの…買いに行きたいなという気持ちはありますが、まだちょっと…(笑い)。でもあの経験で鍛えられました。あの時のスタッフの皆さんに感謝しております(笑い)。

――礒さんから見て、新垣さんのファッションは何か変わりましたか?

礒:たしかに変わりましたね! たまにすごく素敵な水色のセーターを着ていることがあって、あれはテレビ出演のあと、買い取りしたものかしら、とか思ったり(笑い)。かと思えば、昔と変わらず毛玉だらけのセーターを着ている時もあるので、まだ混在している感じでしょうか(笑い)。でも、コンサートのポスターは、寺尾聰さんみたいで素敵でしょ(笑い)。

――ところで、礒さんから見て、新垣さんのピアノ演奏の魅力は?

礒:もちろんそうじゃないかたもいらっしゃるんですが、ピアニストさんが陥りがちなのは弾くことに必死で、耳が開いてない。弾いている音がすべて一緒で、楽器同志、対話ができにくいこともあるんです。ところが新垣さんは、バス(低音)の部分はコントラバスの音色をイメージできるくらい、ピアノという楽器なんだけど、まるでオーケストラのような多彩な音色が出てくるんです。音楽の発想が豊かになるので、私もそれにのって演奏できる。音色がきれいでやわらかいのも素晴らしいと思います。

――新垣さん、絶賛されましたね。

新垣:いや~…(照れ笑い)、そうありたいものですね。

礒:そうあるんですよ。

新垣:弦楽器の音色とピアノの音色、どう組み合わせたら一番生かせるか。考えながら作りながら演奏しています。

――今回のCDは3月11日発売ですが、震災の復興を意識されてのことでしょうか?

礒:発売日はたまたまで、意識したわけではないんです。でも、個人的には震災直後や次の年とかも行かせていただいてご縁があったので、ツアーは石巻を皮切りにスタートすることになりました。その後、新垣さんと陸前高田や女川の仮設住宅にも行くつもりです。みんな、新垣さんに会えるの、楽しみにしていましたよ。

新垣:ありがたいですね。ぜひいらしていただけるとうれしいですね。

【新垣隆(にいがき・たかし)】
1970年生まれ。4才からピアノを始め、1989年東邦学園大学音楽部作曲科に入学。卒業後、作曲家ピアニストとして活動。2014年2月、佐村河内守氏のゴーストライターを務めてきたことを記者会見で告白。騒動後、非常勤講師を務めていた桐朋学園大学を辞職。

【礒絵里子(いそ・えりこ)】
1972年生まれ。桐朋学園大学音楽部卒業後、文化庁芸術家在外派遣研究員としてブリュッセル王立音楽院に留学、大賞を受賞し首席で修了。1997年プロデビュー。オーケストラ共演やテレビ・ラジオ出演、学校訪問など多方面で活躍中。

◇CD『ロンド~珠玉のヴァイオリン名曲集』は3月11日発売。CD発売を記念して、ツアーを開催。3月26日から石巻市河北総合センタービッグバン文化交流ホールを皮切りに、東京では3月30日に東京文化会館で行う。ほかに、愛知、石川など全国10か所以上。

撮影■小彼英一


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ゴーストライター騒動の新垣隆氏 ファッションモデルデビュー
ちょいワルファッション披露の新垣隆氏 テレビ局の取材殺到
元ゴーストライター新垣隆氏 多忙で収入は1年前の1.8倍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP