ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しすぎる水道水!?流線型の水が流れてくる蛇口が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの学生がデザインした“水道の蛇口”が海外で話題になっている。

iFデザインアワードを受賞したこちらは、Simin Quiさんが作り出した蛇口「Swirl(スワール/渦巻き)」。

渦を作り出すことで、継続されていく命の繋がり、その命に欠かせない水を表現しているという。

トップのボタンで水流の形を変えられるのだが、流線型にすることで通常よりも15%の節水にもなるのだとか。

iFデザインアワードは61年の歴史を誇り、世界的に最も権威のあるデザイン賞の1つ。

主に工業製品を対象にしたもので、過去には日本車のレクサスやリコーのデジタルカメラが受賞を果たしている。

製品化も視野に入れたデザイン賞なので、近い将来、こうした水流の形が変えられる蛇口が当たり前になるのかも!?

Behance(Simin Qiu)
https://www.behance.net/siminqiu

デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP