ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西欧で爆発的に増殖中のオオナマズ 少女が足首噛まれた例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間さえ丸のみしそうな巨大魚が、イタリア最長の川・ポー川で釣り上げられた。その正体はヨーロッパオオナマズ。全長2.67m、重さはなんと127kgという仰天の大物だ。

 国立環境研究所の侵入生物データベースによれば、ヨーロッパオオナマズの全長は普通1~2m。もともと東欧、中欧、西アジアに生息していたが、1970~1980年代に釣りや食用目的で西欧に持ち込まれ爆発的に増殖。口の中には小さな歯がびっしり並び、魚類や甲殻類のほかネズミや水鳥まで食べる。またドイツでは10代の少女が足首を噛まれたという事例も報告されている。

 ちなみに世界に生息するナマズは2800種類以上。日本では琵琶湖に生息するビワコオオナマズが最も大きく、滋賀県立琵琶湖博物館によれば1.2mのものが発見されている。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【キャラビズム】コンピュータ腕時計に続き健康診断腕時計?
生きにくい現代社会において「哲学」を使うことをすすめる本
【キャラビズム】歯医者の待ち時間が長すぎて歯の痛み忘れる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP