ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元防衛官僚が安倍政権の安全保障政策の問題点について語る本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『亡国の集団的自衛権』柳澤協二/集英社新書/700円+税

 小泉政権以降4代の総理大臣の下で自衛隊海外派遣の法整備等にかかわってきた元防衛官僚が、現在の安倍政権下の安全保障政策の問題点について語る。集団的自衛権の落とし穴、「護憲」の意味など、政府の中枢にいた著者の言葉だけに傾聴の価値がある。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「戦争ができる国作り」が進む日本の現在の状況を分析した本
安倍首相 抑止力の意味を含め日本独自の打撃力を備えるべき
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【2/2】「平和小学校の校則」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP