ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Acid Black Cherryの“読む”アルバムが「泣ける」「ラストに衝撃」と大反響[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ロックバンドJanne Da ArcのヴォーカリストyasuのソロプロジェクトAcid Black Cherry(アシッドブラックチェリー)(通称:ABC)。前作「『2012』」以来約3年ぶりとなるオリジナルコンセプトアルバム『L-エル-』が先日リリースされ、オリコン&iTunesで1位を記録するなどヒットを記録しています。

「愛」をテーマに波乱の人生を送ったエルを主人公に紡いだこのアルバム。先日ガジェット通信でも、プチクロスレビューをご紹介しましたが、Twitterでもアルバムを聴いた方の感想が次々と投稿されています。

「ラストで号泣……」ABCの新アルバムに反響多数

・ABCのアルバム-L-のストーリーを読んだ…自分と重なり涙が溢れ出す。愛されるって幸せって何なのだろう?このまま女として枯れて朽ちてていく日々を過ごすだけ…なぜかエルに親近感を覚えた

・abcのアルバムを一通り聴いてから、ストーリーブック読みつつ二周目聴いたんだけど、歌詞とのリンクっぷりが凄くてボロ泣きしてしまった(;_;)最後手前の見開きでうわああああ!!!ってなって泣いたんだけど、最後で「え?あ?え・・・え?どっち!?」ってなった・・・エルぅうう(;_;)

・エルの人生が思った以上に悲惨で、PVの映像の再現率も素敵だなぁ。 そういう事だったのね。 そして、ラストで号泣…

・ABCのニューアルバムL-エル- ストーリーを読みながらアルバムを聴いた映画を観た後のような、すごい感動あった!あの結末は涙なしでは聴けないでも、アルバムの聴き方は人それぞれだと思うから、結末だってあれ1つではないと思う 聴く人それぞれに思い描く結末があると思う

・とても感動 ABCを知らない人でも、物語と曲を見て、聴いてほしいな~っと思った

ブックレットと楽曲のリンクで楽しむ物語

と、みなさん思い思いにアルバムを楽しんでいる様子。この「ラストで号泣」「ページをめくって驚いた」という感想が多いのは、『L-エル-』には、物語が書かれたブックレットが付いているから。

これ、よくCDについてくるブックレットのボリュームを想像すると、驚く一冊の小説の様な仕上がり。美しいイラストと一緒に物語を楽しむ事が出来るので、より一層楽曲が心にしみてきます。

ABCはこれまでも7つの大罪をテーマにした『BLACK LIST』、「ブラック・ダリア事件」から着想を得た『Q.E.D.』、マヤ暦における世界終末をモチーフとした「『2012』」と毎回こだわりを持ったコンセプトアルバムを出しています。

それらのアルバムにもブックレットが付いており、アルバム中の曲とリンク。CDを購入するでも配信で聴くでも、音楽の楽しみ方は人それぞれではありますが、ここまでこだわって作った一枚なら、絶対にCDでブックレットと共に味わうのがオススメ! yasuさんのこだわりがこれでもかとつまった新アルバム『L−エル−』。まずはYouTubeの告知ムービーをチェックです。

http://youtu.be/YWmUgbXQEU0

【関連記事】Acid Black Cherryの新作『L-エル-』を聴いてみた! 「アルバム通して物語の様に楽しめる」
http://getnews.jp/archives/831044 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP