ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キリンの模様をペイント?シュール&コミカルなアートが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さまざまな作品が無数に存在するアート界の中でも、インド・ムンバイを拠点に活躍するアーティスト、Anil Saxena氏が手掛ける作品は異彩を放ち、注目を集めている。

一見自然なタッチで日常的な風景を描いているように思うが、非現実的な設定にワンテンポ遅れて驚きや笑いが込み上げてくる。

シマウマの模様を剥がし、日に干す女性や、雪山になった牛の背中…。

はたまた眠りに落ちている間に“眉毛お手入れ”をしてくれる優しい(?)小人、電線に音符を吊し、楽譜を作り上げる男性など。

そのシュールな発想と絶妙なセンスは、一度見ると脳裏に焼き付いて離れなくなってしまう。

彼の作品をもっと見たいという人は、以下のウェブサイトをチェックしてみて。

behance
https://www.behance.net/anilrealism

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP