体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーシャル時代の新常識 口コミと共感でつなげる新消費者行動モデル“VISAS”

ASSIOMA

今回は大元 隆志さんのブログ『ASSIOMA』からご寄稿いただきました。

ソーシャル時代の新常識 口コミと共感でつなげる新消費者行動モデル“VISAS”
インターネットの普及と共に、eコマースの代表的なマーケティングモデルとし て位置づけられていた『AISAS』。今、インターネットを取り巻く変化に伴い、検索エンジンを前提とした 『AISAS』から、新たなマーケティングモデルが求められています。それは、バイラルを前提とした 『VISAS』です。

・変化の兆候
今、インターネットでは大きな変化が起きています。インターネットでユーザーをホームページに呼び寄せるために最も有力なもの、それは“検索エンジンである”というのが、インターネットが登場して以来、変わることのない定説として考えられてきました。

そのため、いかに検索エンジンの検索結果で上位に表示されるか? ということを考えることがサイト運営者にとって非常に重要な業務でした。この検索結果を上位に表示させるためのサイト作りを行うことを“SEO(Search Engine Optimization)”といいます。
 
ウェブサイトの黎明期、“いかにユーザーに見てもらうか”という視点で作られてきたウェブサイトは、いつしか“いかにSEOで上位に表示されるように作成するか”を重視するようになっていきました。
 
どんなに見映えの良いすばらしいユーザーインタフェースを持ったウェブサイトを作っても、ユーザーが来てくれないのなら意味がない。だから検索エンジン様のためのサイト作りをするのが大切で、ユーザー視点はその次でよい。しかし今、この定説を覆す傾向が明らかになりました。

・SEOによる集客効果を上回ったソーシャルメディア
2010年3月。インターネットの歴史に残るであろう、一つの事件が起きました。検索エンジンの中でトップシェアを誇る『Google』以上のトラフィック流入力を誇るサイトが現れたのです。それは、全世界で5億人のユーザー数を誇る世界最大のSNS『Facebook』です。

調査会社Hitwiseの報告によると、2010年3月第2週の米国のウェブトラフィックに占める『Google』のシェアは7.03%、『Facebook』 は7.07%。『Google』のシェアはほぼ横ばいで推移していますが、『Facebook』は右肩上がりに急速にシェアを伸ばしていることがグラフから見てとれます。『Facebook』の過去1週間のトラフィックは前年同期と比べると185%増であり、同じ期間の『Google』のトラフィックの伸び率は9%増でした。

ソーシャル時代の新常識 Viralと共感でつなげる新消費者行動モデル“VISAS”

出典:「Facebook Reaches Top Ranking in US」『Hitwise』
http://weblogs.hitwise.com/heather-dougherty/2010/03/facebook_reaches_top_ranking_i.html

・なぜ変化は起きたのか?
インターネットには様々な情報が集まっています。しかし、その中身は一部の人には意味のあるものですが、多くの人にとっては価値のない情報が大半を占めています。

例えばインターネットを飛び交うメールの大半はスパム業者のメールで占められています。ウェブ2.0で大流行したブログには、毎日多くの人々の私的な記録がつづられているにすぎません。ニュースサイトにいけば見たくもないCMを強制的に見せられて、企業ウェブサイトを訪れればIR向けの情報は充実していますが、肝心な顧客視点で知りたい情報は掲載されていません。

日々大量に追加されるこれらのコンテンツから、価値ある情報を見つけ出すのは大変です。この大量の情報の中から、あなたにとって価値あるものを探し出すために、『Google』は世界一の検索技術であなたの宝探しに力を貸しています。宝探しをする時に『Google』は“ほんのちょっと”広告を表示することで、莫大(ばくだい)な利益をあげています。

1 2 3 4 5次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。