ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出荷は月に30頭以下! 「尾崎牛」の希少部位「さぶとん」が食べられる焼肉店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月24日放送の「お願い!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時)で「食通が教える『スゴい』焼肉店ランキング!」と題して「ざぶとん」(東京都渋谷区)が紹介された。

 同店は道玄坂の交番近くにある焼肉店で、名物は1カ月に30頭以下しか出荷されない貴重な尾崎牛だ。主に老舗料亭や高級レストランで使用されている。“肉のスペシャリスト”フォーリンデブ★はっしーさんは「『ざぶとん』行ったら『ざぶとん』食べなきゃ駄目です」と「ざぶとん重ね盛り」(2980円 税込み)をイチオシメニューとして取り上げた。「さぶとん」とは肩の中心部の肉で、牛1頭から3~4キロしかとれない希少な部位。一般的に「ざぶとん」は上ロースに分類され、美しい霜が特徴だ。10枚重ねて提供された肉を焼き、卵につけて食べることで、その味を堪能できる。

 このほか「三角バラ(特選カルビ)」(2800円 税抜き)は、特上カルビとして使用されることが多くとろける食感が特徴。「カイノミ」(2400円 税抜き)はカルビの中のカルビといわれ、焼肉通が好んで食べる味だ。

■話題のお店に追加取材■
 宮崎の牧場で飼育された尾崎牛は、赤身のコクの深さと、融点の低い上質な脂の溶けるような食感が特徴だ。提供される部位はその日の仕入れによって異なるが、特に「ランプ」(2000円 税抜き)、「イチボ」(2200円 税抜き)などの部位は尾崎牛の赤身のうまさを存分に堪能できる。背の部分に当たる人気の「サーロイン」(2980円 税抜き)は、口の中で脂の甘みが広がる。厚切りのステーキではなく、大きめの薄切り肉をさっとあぶり、好みで自家製のたれ、またはわさびで味わう。

 焼肉とともにぜひ頼みたいのが「キムチ盛り合わせ」(1000円 税抜き)。辛さの中にも甘みがあり、酸味を抑えた日本人好みのキムチを厳選している。自家製のたれとナムルが決め手の「石焼きビビンバ」(1200円 税抜き)は最後の締めに最適な一品だ。

 上質な和牛肉に合うワインも豊富にそろう。厳選した赤ワイン15種類のほか、白ワイン、シャンパンなどをワインセラーで管理している。迷ったときにはスタッフに相談すれば、おすすめのワインを教えてくれる。

 シックな雰囲気の店内にはお座敷タイプの個室、ブラインドを下げて利用できる半個室のテーブル席もあるので、接待や大切な記念日などにも利用できる。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ざぶとん (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:渋谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店紹介
ぐるなび検索:渋谷×焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店一覧
金沢の庶民派グルメ「ハントンライス」 グルメリポーター暦21年のパンチ佐藤も大満足!
オリジナル蕎麦と蕎麦デザートが楽しめる カフェスタイルの蕎麦店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP