ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ターミネーター/ジェニシス』は続編でもリメイクでもない新設定!衝撃シーンが解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界待望の『ターミネーター』シリーズ最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の本編から衝撃すぎるシーンが解禁となった。

語り継がれてきた『ターミネーター』のタイムラインがすべてリセットされ、驚きの展開が連続する本作。一作目『ターミネーター』(84)では、カイル・リースが人類反乱軍のリーダー、ジョン・コナーの母、サラ・コナーを守る為、未来から過去に送り込まれ、『ターミネーター2』(91)では、亡きカイルの意志を受け継ぎ、ジョンの命を守る母サラの姿が描かれた。

そして新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』では、世界の命運を握る2人、サラ・コナーとカイル・リースが強敵との壮絶なバトルを繰り広げる。結ばれない運命だった彼らが、1作目以来の再会を果たすというだけでも胸熱だ。そんな二人が揃って銃をぶっ放している場面写真が解禁、お馴染みターミネーターの姿もあるが、こちらは、敵か、味方か、その全貌は明らかになっていない。
本作は、元祖ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーが再び出演することも話題だが、彼が演じるのは”T-800型ターミネーター”。『ターミネーター3』(03)以来、12年ぶりとなる、正真正銘、本物の「アイル・ビー・バック」となる。

サラ・コナー役には、人気TVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』で人気を博し、”世界で最も美しい顔No1!”から”世界で最も有名な役”に抜擢されたエミリア・クラーク。カイル・リース役には『ダイ・ハード/ラスト・デイ』『アウトロー』で注目を集める若手俳優ジェイ・コートニー。ジョン・コナー役は、最新作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』ほかハリウッド大作での活躍ぶりが光るジェイソン・クラーク。

『ターミネーター』、『ターミネーター2』をベースに、新たな設定が加わる、続編でもリメイクでもない、まさに”新起動”されたターミネーターがこの夏、登場する!

http://youtu.be/lE8rxJY2Cgo

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月11日(土)全国ロードショー

■参照リンク
http://www.terminator-movie.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

南米に生息している謎の珍獣が何故かイギリスで捕獲されて話題に【動画】
「進撃の巨人がアメリカでも映画化?」米ソニーピクチャーズが関連ドメインを取得
メタリカとホール・アンド・オーツが意外すぎるマッシュアップなのにカッコいい【動画】
「なぜ写真を撮ったら駄目なの?」日本のコンサートでの撮影禁止ルールが海外で話題に
笑い声がホラー映画ばりに超コワい赤ちゃんが可愛すぎると話題www【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP