体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブンイレブン高知出店おめでとう!四国限定の高知産ゆずを使ったスイーツ&パンを試食

この度セブンイレブン高知出店を記念して、高知県産のゆずを使ったスイーツとパンが四国地区限定で新登場。実は高知とゆずとの関係は江戸は幕末、中岡慎太郎という志士から始まる。

『高知県産ゆずのレアチーズタルト』と『高知県産ゆずのマーマレードとホイップのパン』

「高知県産ゆずのレアチーズタルト」と「高知県産ゆずのマーマレードとホイップのパン」

彼が農民に奨励したゆず栽培は、収穫できるまで十八年かかるというゆず同様、長い年月をかけて実を結び、今では全国シェアの五割を占めて徳島・愛媛を大きく引き離す日本一の生産量になったのだ。

香り高いゆずの風味が楽しめそうなこの二つ、さっそく一つずつ見ていこう。

・高知県産ゆずのレアチーズタルト

『高知県産ゆずのレアチーズタルト』

「高知県産ゆずのレアチーズタルト」

まずは「高知県産ゆずのレアチーズタルト」。高知県産ゆず果汁入りのさっぱりしたレアチーズに甘く煮つめた高知県産ゆず皮をちりばめ、彩り鮮やかに仕上げた。

白とオレンジのコントラスト

白とオレンジのコントラスト

封を切るとたちまち鮮烈なゆずの香りが立ち上る。レアチーズの白にゆず皮のオレンジが映えて美しい。

上面いっぱいにちりばめられたゆず皮

上面いっぱいにちりばめられたゆず皮

ゆず皮は甘酸っぱい中にほろ苦さをしのばせている。

敷き詰められたレアチーズは軽くなめらか

敷き詰められたレアチーズは軽くなめらか

ふわりと軽くなめらかなレアチーズはやや酸味が勝った味わい。

土台となるタルトは甘くしっとりザクザク

土台となるタルトは甘くしっとりザクザク

タルト生地は甘く、しっとりとしていつつもザクザクした歯触り。

手にとって歯を立てると、まずはふわりとレアチーズが出迎え、続いてザクリとタルトが噛み割れる。口の中にはゆずの香りとさわやかな酸味が広がり、タルトとゆず皮の歯触りを楽しむうちに甘酸っぱさへと変わっていった。

・高知県産ゆずのマーマレードとホイップのパン

『高知県産ゆずのマーマレードとホイップのパン』

「高知県産ゆずのマーマレードとホイップのパン」

次に「高知県産ゆずのマーマレードとホイップのパン」。いくつものくびれが入ったふんわりパンに、同じく高知県産ゆず果汁を加えたホイップクリームとゆずマーマレードがサンドされている。

ふわりと軽い手応え
1 2次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。