ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和40年に発売!ご当地ラーメンの“キリンラーメン”ってなーに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然ですが質問です!
なぜこのラーメンの名前は“キリン”ラーメンなのでしょうか?
社長がキリン好きだったからでしょうか?
麺がキリンの形?
それとも・・・?答えは後ほど。

こんにちは&初めまして!
「ご当地感満載のものや、ちょっと変わったものに興味津々!」な、アラサー女子のピノコと申します。
旅行に行けば、お土産屋さんよりも、地元スーパーに入るのが楽しみ♪
「この土地の人々に愛されている食べ物ってなんだろう?」とワクワク感が止まりません。
異様に目をキラキラさせて品物を見ているので、いつか通報されないかと心配しています^^;
そんなピノコをこれからどうぞよろしくお願いします!

さて、今回紹介させて頂くのは、キリンラーメン(小笠原製粉株式会社)です。
なんでも“昭和40年に愛知で発売された地元のソウルフード”なんだとか。

昭和感漂うレトロでかわいいパッケージ。どんな味なのか楽しみです。

どうやら小麦・大豆(豆乳)・米粉(すべて国内産)の麺で、化学調味料・着色料・保存料不使用とのこと。

…インスタントラーメンながら身体によさそうです。

完成!ではいただきます!
麺をすすった瞬間、フワッと真っ先に思い浮かんだのは・・・
昭和の風景!でした。
なつかしい感じなんです!

もぐナビのクチコミにもありましたが、スープの味はうすめ。
でも“うすめ”というよりも“素朴で優しい”と言った方がしっくり来ます。
また麺も軽めなので、サラッと食べることが出来ました。
お茶漬けのラーメンバージョンといったところでしょうか…?

さて、このキリンラーメン。
昭和40年に愛知で発売され、地元の人に親しまれていました。
しかし、販売量もだんだんと減り平成7年に生産中止に。
ですが、昔から慣れ親しんでいた地元の方のアツ~い要望により復活をすることになったという歴史があります。

そしてこの会社は「復活をさせてくれた地元の方に恩返しを。」ということで、原材料の大半に地元の物を使用する等、変更をしたそうです。

その会社の想いも素敵ですね!
そう考えると、とてもあったかい心がつまったラーメンです^^
それでは、最初の問題の答えの発表です!
答えは…“キリンは首が長く、子供から年配の方まで親しみやすい動物ということもあり、
「末永く」「親しみやすい」商品になればとの想いから。”でした!

昭和40年に名付けられたこのラーメンは50年たった今でも親しまれる、まさに名前通りのラーメンだった。と、いうことですね。
ごちそうさまでした!^人^

関連記事リンク(外部サイト)

とろ~り口どけ、あっさり後味「うさぎの夢ちーず マスカルポーネチーズ&チョコミルク」
発売前に食べてみた!「マルちゃん正麺」から本格的な麺とスープのつけ麺が登場
じゃがりこにニューフェイス!明太チーズもんじゃ味はどんなもんじゃ?

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP