ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香川でも最高クラスのうどんを東京で 日本橋三越『日本の“麺”と“粉もの”特集』は明日まで!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

東京の日本橋三越では、3月4日より本館地下1階のフードコレクションにて

地域特有の粉もの文化との一期一味
日本の“麺”と“粉もの”特集

と称した催し物が行われている。

香川・日の出製麺所
神奈川・支那そばや
東京・鈴木製麺
広島・若貴
長野・戸隠そば 山故郷
秋田・眞壁屋
神奈川・茅ヶ崎うどんあおい
神奈川・シャンパン☆ベーカリー
福井・越前そば 四代目 宗近
長崎・みろくや

と、全国各地のいわゆる「麺」と「粉もの」のお店が出展している。いずれも魅力的なお店ばかりだが、特におすすめしたいのが香川県“日の出製麺所”の讃岐うどんだ。香川県産の“さぬきの夢”を100%使用した、ぶっかけ・釜玉・醤油のうどんが用意されている。


“うどん県”香川県名物のさぬきうどん、県内には多数のうどん屋があるわけだがこちら“日の出製麺所”は本業は製麺所、お昼に1時間だけ店頭で打ちたてのうどんを食べることのできるサービスを行っている。その1時間にも、毎日長蛇の列ができている次第。

個人的な感想であるが、香川県内を車でめぐり、いろんなうどんのお店を食べ歩く“うどんツアー”を行ったとき、数件目に食べた“日の出製麺所”の衝撃は未だに忘れられない。そのうどんを東京で食べることができるのである。


また、おみやげコーナーで販売されているうどんも、県内の有名うどん店の方が「頭ひとつ抜けている」と評するほどのクオリティだったりする。

この催し物、明日10日までの開催となっているので、興味のある方は是非に。

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP