体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【小平カフェ】小平とて侮ることなかれ! センスの詰まったほっこり癒し系カフェ『青らんぎ』(味:★5 雰囲気:★5) 

IMG_9768

ガジェット通信スタッフがおすすめするランチをレポート。本日紹介するのは東京・小平市にある「ギャラリー青らんぎ」さんです。

ギャラリー青らんぎ

小平市には、美術大学があるためか、カフェ併設のギャラリーはいくつかあるのですが、こちらもそのひとつ。近くにはスーパーや民家があり、閑静な住宅街の中にひっそりと佇んでいます。

■営業時間:10:00〜17:30
■アクセス:
JR武蔵野線新小平駅から徒歩5分
西武国分寺線小川町駅から徒歩10分

IMG_9747

たべたもの「日替わりスパゲティーセット」

■たべたもの:日替わりスパゲティーセット
■値段: 1200円(税込)
■たべた日時:2014年3月8日日曜日16時40分入店

★★★★★:
■内容:

IMG_9768

サラダは赤かぶ、大根の入ったサラダ。根菜ってこんな味だったっけ? と思うほどのくせがなく、食べやすい。秘密は小平でとれた新鮮な野菜。ペペロンチーノにはチンゲンサイや多様な魚介がごろごろ入っていて食べ応え満点。味付けは、落ち着いた店内に似つかわしい、作った人の真心が伝わるような優しく、家庭的な味でした。もしかして、この料理もアートの一部なのかな?と思ってしまうほど。

IMG_9769

最後にサービスのコーヒーが登場。マグカップはひとりひとり違うものが出されるというこだわりも素敵。まるで茶道の茶碗みたいですね。

お店の雰囲気とサービス

★★★★★: 

IMG_9749

店内がギャラリーとなっているため、カフェの雰囲気もひと味ちがいます。まず、入り口の大きな引き戸を引こうとすると取手がどんぐりの付いた小枝に。まるで自然と人工物を一体化させるようなデザイン。この小さなアートもどうやらお店の人のこだわりなんだそう。

IMG_9754

店内は、天井が高く、また関節照明もあってか広く感じられます。ふんわり漂う檜の香りに現代的な音楽で、一度訪ねたらずっと居座ってしまいそうな心地よい空間。普段は見られない暖炉まであります。ここは本当に小平? 東京? と思わず疑ってしまいます。

IMG_9759 IMG_9763

ギャラリーなので、食事だけではなく、随所にある作品やアートをじっくり眺めることもできます。磁気や油絵、手芸やステンドグラスの作品など、味わい深いアートに囲まれての食事はかなりポイント高いかも。もちろん気に入った作品はお持ち帰りすることも出来ます。

1 2次のページ
mochimiの記事一覧をみる

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy