ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここが東京・・・?見慣れた風景がまったく違う景色に。その秘密は「レンズ」!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

幻想的な風景の秘密は
極上の「レンズ」

ここはどこか? 東京だ。
東京のどこだ? 戸惑う。

深い霧の奥に現れるのは、どこかで見えたような景色だった。手が届きそうになっては、また消えていく。夢の中にいるような風景が続いたかと思いきや、次の瞬間には見慣れた街が顔を出す。不思議で幻想的な映像だ。

見慣れているはずの東京の景色が、全く違うものに見えるこの動画。これは全てNICONの一眼レフ用レンズブランド「NIKKOR」のレンズで撮影されているのだ。

写真や映像は、風景そのものを写すのではない。カメラはレンズを通したものしか撮ることはできないのだ。逆にレンズを変えることで、見慣れた風景をこんなにもファンタジックにすることができるということを、この動画は教えてくれる。

カメラのレンズを変えるように、自分自身にも新しいフィルターをかけてみれば、また違った世界が顔を出すかもしれない。さあ、新しい世界に、走り出そう。

Reference:Youtube

関連記事リンク(外部サイト)

たったの「5秒」で撮影した3分30秒のミュージックビデオが、カッコいい!
見れば見るほど、ダマされる!?不思議な感覚になる「だまし絵」が美しい
これが・・・どう見ても本物にしか見えないリアルな「立体金魚アート」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP